ここから本文です

神様のパズル (2008)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 221
  • みたログ 821

3.43 / 評価:330件

最近の邦画って

  • ultra_kandenchi さん
  • 2009年1月29日 0時55分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なぜか「ウンチク」系が多くないですか?
専門家以外の一般人が知らないような実態やノウハウを題材にしている作品が増えているような気がします。

(例)
・航空業界のウンチク→「ハッピーフライト」
・葬儀屋さんのウンチク→「おくりびと」
・魚市場のウンチク→「築地魚河岸三代目」
・養豚のウンチク→「ブタがいた教室」
・臓器密売のウンチク→「闇の子供たち」
・寿司職人のウンチク→「スシ王子!ニューヨークへ行く」
・心臓外科のウンチク→「チーム・バチスタの栄光」
・災害救助のウンチク→「252 生存者あり」
etc.

そんな流れの中で、この作品は宇宙物理学のウンチクを語っています。
宇宙の神秘を語る前半は面白いんですけど、パニック・ムーヴィーになる後半はひどくつまらなかったです。「このままでは大変なことになる!」という危機感がなくて、全然ハラハラしません。

三池監督のやっつけ仕事でしょうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ