ここから本文です

神様のパズル (2008)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 221
  • みたログ 821

3.43 / 評価:330件

コントを観ているような

  • umaibo014 さん
  • 2014年12月29日 1時13分
  • 閲覧数 1546
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

お笑い的な意味では、この映画は最高です。
終盤はバトルロワイヤル2で竹内力が魅せた最後のタッチダウンと同じぐらい笑えた。

まさか、コハダの寿司をテロリストに食べさせて事態を解決に導くとは思わなかった。大雨強風の中、市原隼人演じる主人公がヒロイン(テロリスト)に渡す寿司、こぼれ落ちるシャリ。食べるヒロイン。泣く。熱い抱擁。解決。
この映画が言うように確かに宇宙は広い。だからこんなだだっ広い宇宙の一角にこういう映画があってもいいかなと思う。

あとストーリーに関係のない部分で言うと、ガンジス河付近の画は格好良く撮れてたと思う。河の対岸からも建物が良く撮れていた。
この画を撮ること、旅行がしたいが為にインドロケの予算を引っ張り出しような雰囲気を醸し出すインドのシーン。楽しい感じが伝わって来る。

DQNの演技をさせたら市原隼人の右に出るものはいない。

専門的なものをテーマにしているが、その専門的な物を期待しなければ楽しめると思う。コントとして観るとか、それならいい出来だと思う。

ヒロイン役の人物モデルになった苫米地英人も劇中に確認できて満足です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ