ここから本文です

神様のパズル (2008)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 220
  • みたログ 816

3.43 / 評価:323件

↓のかたのとおり、「生徒」じゃないよ~

  • 映画のこづち さん
  • 2019年2月5日 15時08分
  • 閲覧数 130
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

学生、というところを「生徒」「生徒」って、、、引っ掛かりました。
この映画の試写会が甲南大学であったとき、挨拶で原作者の機本伸司
さんが「私もこの大学の生徒でした!!」と挨拶されていて、あ~あ、
原作者が間違えてるのか、とがっかり。
でも映画化に当たって、脚本家も知らなかったってこと?
俳優も誰も知らないん。知ってても言えないのかな。

最近、『十二人の死にたいこどもたち』を見て、保険金が加入後1年
過ぎたら自殺でも支払われるみたいな事実誤認があったので、
(まれに1年の会社もあるかもだけどかなり限られて安くなるはず)
そういえば劇中で大学生を「生徒」「生徒」と間違ってる映画も昔
あったな、とこれを思い出したまで。
小学生を生徒というドラマもあるね~小学生は児童だからね。
先生は「ウチの児童が、」って言うよ。本物なら。

イメージでそれっぽい授業をしているフリ、というのは
アニメでもサザエさんとかクレヨンしんちゃんのサラリーマンの
描写も、「会議が~」「書類が~」とか言ってPCをカチャカチャ
するばかりなのもそうだなと。
原作者はあまり社会を知らずにイメージだけでサラリーマンを
登場させているんだろうね。
そういうの言い出したらキリないかな。

私だって知らない言葉や言い回しはいっぱい。
教えてもらえるとありがたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ