レビュー一覧に戻る
クライマーズ・ハイ
2008年7月5日公開

クライマーズ・ハイ

1452008年7月5日公開

kaz********

4.0

地方紙の役割を知る

1985年の日航機追落事故ををめぐって、地方紙の北関東新聞社社で報道の全権を任された悠木の奮闘と社内の葛藤を描いた作品。絶壁の岩山を登るときの高揚感を報道のスクープを獲得する瞬間に被らせ映像化した。  新聞社のスクープ合戦がすさまじい。他社を出し抜こうとする記者たちの『夜討ち朝駆け』の奮闘ぶりがすごい。しかし、スクープ記事は裏付けがないと報道できない。それは報道する者の矜持なのであり、他社を出し抜きたい悠木を苦悩させる。編集会議も意見の対立が激しく、それぞれの立場から喧嘩腰である。果たして読者が読みたいと願う記事はどんなのだろうか。北関東新聞社に新聞を分けてくれと訪れた遺族の家族と思われる親子に接して、悠木は地方紙の役割を知る。ここがこの映画のキーポイントかなと思った。

閲覧数745