ジョシュア 悪を呼ぶ少年
2.9

/ 39

13%
21%
26%
28%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(20件)


  • kok********

    3.0

    ネタバレみんなが思ってるのと違うかも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Cakewalk

    2.0

    なんだか中途半端

    海外ドラマのベイツモーテルにハマって、その流れで出演者のヴェラ・ファーミガの出演作をなんとなくみたのだけれど、髪型こそ違うけれどキャラが少し被ってるように感じた。笑 ジョシュアもノーマンに見えてしまった。 内容もオーメンみたいなホラーっぽいサスペンスを期待していたが、なんか中途半端でそのまま終わりった感じでやや残念に感じたなあ。

  • oog********

    2.0

    面白さがわかりませんでした

    きもち悪かったです。 どこがどう面白いのかわからなかったです。 でも、DVDの安売りで買ってしまったので最後まで見ました。 「盛り上がりにかける」 ということでしょうか。

  • うーさん

    4.0

    ネタバレ子供の泣き叫び

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mir********

    3.0

    ネタバレうーん難しい…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pin********

    1.0

    あと味悪い

    少年が、家族を崩壊させていくオカルト?ホラー。 妹が生まれて、家族の愛が妹に一心にそそがれる嫉妬や孤独から だんだんおかしくなっていき、家族に手をかけたのかと思ってた。 家族、主に母親が悪い!と思ってたけど最後まで鑑賞して、よくわからなくなりました。 それにしても、この両親の無神経ぶり。絶対二人とも末っ子か一人っ子。 冒頭あんなにジョシュアが信号を発していたのに。この二人にはあんまり同情できない。 ラストがまた、あと味悪いです。

  • pes********

    4.0

    ネタバレこういう見方もできるんじゃないかな。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yas********

    5.0

    ネタバレ虐待されていたのはどちらか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ryo********

    4.0

    ネタバレ私の見方は・・・。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nk_********

    2.0

    ネタバレはいは~い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lif********

    5.0

    ネタバレ三回観ました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pum********

    3.0

    高慢という悪

    今週、仕事がやや忙しかったというか、 久々にめっちゃ集中力発揮して、1日疲れきった感じで帰るという日々が続き、 家帰ってからもう何もしたくないと、 じゃぁホラーでも観ようかと本作を観たわけで。 スタチャンの"掘り出しシネマ"という枠で放送されたもので、 録画してありました。 掘りシネは去年、「クライ・ウルフ 殺人ゲーム」という快作を掘り出した実績があり、 個人的には好印象な枠。 ただ、Yahooのレビューを観る限り、 思ったようなホラーではないと、そう認識しながら見ました。 結果、ホラーじゃなくて、大分淡白な感じのサスペンスでした。 "悪を呼ぶ少年"なんてサブタイつけるから、 つい、B級ホラーを期待してワクワクしてしまいますが、 そういった方はお帰り願おうかぁ! ・・・ん?ハッ!それ俺だ!!! 頭を使う仕事で、1日休み無くフル回転で胡桃脳を動かしていただけに、 この体の面倒くさい映画はご勘弁願いたかったのですが、 我がが体調を差っ引けば、まぁ薄味ながら妙な味わいがある映画でした。 スルメですね。自ら頑張って噛まないと味が出ない。 まぁ噛まなくても旨いものが食べたかっただけに、 大分面倒臭かったですが。 本作の一応の見所は、家族崩壊の狂気と、 そしてあとはラストでしょうか。 あぁ、アレは選べるんや、という所でしょうか。 高慢ちきですね。 本当はここら辺、ネタバレで書きたい部分ですが、 そのあたりまで見ると、「なるほどね」と、ちょっと味を感じます。 ただ、魅せ方としては良くないと言うか、 もうちょいエンタメしてても良かったのではないかなと。 家族崩壊と言っても、正直、主人公のブラッド(サム・ロックウェル)以外は、 糞野郎みたいなもんで、というか、ブラッドがイイヤツ過ぎる。 あまりに素晴らしいパパ過ぎるもんで、 キーマンのジョシュアより目だってしまった感があります。 結局、周囲に振り回されるブラッドが可愛そうな映画に。 もうちょっと、ジョシュアの存在感と言うか、 映画全体への影響力を発揮させた方が観易かったかな。 特に妻と母親はやば過ぎる。ある意味、ジョシュアよりヤバイ。 まぁ子育ては大変で、育児ノイローゼってのもあるわけですが、 流石に映画で見せられると、なんか面倒臭いです。 とは言っても、まぁ最後まで眠くならんと観れたなと。 飽きる事も無く、それは何でか分からないけれど、 やっぱそこそこ楽しんだかもしれない自分がいるわけで。 楽しもうと思えば、楽しめる面倒臭い映画。

  • chi********

    3.0

    オカルトではありませぬ

    タイトルからして「オーメン」みたいな悪魔チャイルド系だと期待してたら、 愛に飢えた果てに心が歪んでしまった、哀しい少年の物語だった。 子育て真っ最中の人や、これから子供をつくる予定の人にとっては 悪魔付きの話なんかよりも、むしろこっちの方が現実的で怖いかもしれない。 子供の心の形成期って、すごくデリケートだからなあ。 しっかし、あの奥さんは無理してまで母親になる必要があったのか・・・?

  • いやよセブン

    3.0

    二人目が生まれたら気をつけよう

    9歳の少年に妹が出来た。 お母さんは少年が生まれたときに育児ノイローゼになったようだ。 おじいちゃんやおばあちゃんも赤ちゃんに夢中だ。 ここまではどこにでもある話だが、この少年、悪知恵がよく働き、赤ちゃんに夢中な大人を徹底的に排斥しはじめる。 オーメンとは異なり、実に陰湿だ。 想像通りのラストです。

  • hino gami

    3.0

    ネタバレサムがパパな貴重な作品?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • neu********

    2.0

    全てが暗~い映画です。

    主人公の本当の気持ちははっきりさせず、 犯行現場を絶対に映さないなど、 多少含みを持たせたストーリーは、見方によっては面白いが、 役者の演技も、演出も、音楽も、映像も、 ここまで徹底して暗い映画はめずらしい。 見ていて心底憂鬱な気分になるし、 見終わった後の気分もどうしようもなく悪い。 特に映像は顔の判別が出来ないくらい不必要に暗く、 音楽は魚の骨がノドに引っかかったような 異物感を残してくれる。 「危険な遊び」は舞台設定がきれいなリゾート地で 邪悪な行為との対比がなかなか良かったし、 「ゆりかごを揺らす手」ではストーリーの展開が とても良くて、2時間飽きることがなかったし、 その他のサイコスリラーはどこか観る所があった。 もう少し驚いたことが2つ、 主人公の少年、マットデイモンとそっくりと思いませんか? それと、オーメンみたいな、オカルトホラーが、 根強い人気があることにびっくり。

  • iko********

    2.0

    なんだかな~(阿藤さん風に)

    他のレビュアーさんと同じく、「オーメン」みたいなのを期待したのがマズかった。 冷静になるとコレは、スリラーとかホラーではなく、家庭崩壊がテーマの人間ドラマなのかも。 主役のジョシュア少年も、それほど怖さも感じない。ただの頭のいい子です。 母親が徐々に精神的におかしくなっていく過程はまあ良かったですが、父親の無関心さに腹が立ってきて(家族が大変なときにスカッシュに興じてます)、途中止めてレッドカーペットを観たあと、残りを観る気がなかったのですが、最後まで観て後悔しました。 話題になったのに、レビューが少ないのも納得です。

  • christianlove

    3.0

    こういう子、恐いです。

    この作品は、マコーレーカルキン主演の「危険な遊び」と、「オーメン」を足して割り、少しひねりを加えた内容の映画となっています。 子供は無垢でかわいらしく、大人はいつでも邪悪で、意地が悪く、子供をないがしろにしたり、虐待をしたり、うそをついたりするものだ、、、と世間一般では信じられています。 まさか、子供が恐ろしいことを考え、大人がするようなことをするなんてあり得ない、、、と思うものです。 それをうまく利用し、自我を通そうとする主人公ジョシュア。。。 生まれた頃から何か変わっていた彼が物心ついたころ、妹が生まれた、、、という設定で物語は始まります。 主人公ジョシュアは、妹のお披露目会の席で、気分が悪くなり、大勢の前で吐いてしまう。 でも、これは偶然ではなく、(この後何度も具合が悪くなるのですが、、、)彼が自分に注目させるための演技だったのでは?とストーリーの後半で思わされてしまいました。 ジョシュアはかわいらしい外見とは裏腹に、並外れた頭脳(悪賢さを含む)を持ち、最初は母親、次に祖母、次に父親に嘘をつき、だましては、裏でとんでもないことをたくらんでいる少年でした。 こんなにかわいらしくて愛らしい彼を大人は誰も疑ったりしない。 そこが、この映画のどうしようもなくにくたらしい部分なのです。 次次と起こる不思議な出来事、、、両親は少しずつ、彼に疑問を持ち始め、自分の実の子供でありながら、恐怖心さえ覚えるようになります。 そして、彼の自我はどんどん大きくなり、とめがきかなくなるところまでいってしまう。 クライマックスは、あれ?という感じで終わってしまうのですが、、、彼の歌う歌には深い意味があります。。(英語なので、字幕がでずにわかりにくいかもしれませんが、内容は、あなたとただ一緒にいたい、、このままずっと、、みたいな内容でした。) 愛を与えてほしかっただけなのに、ジョシュアの小さな心は悲しみに耐えられなくなり、次々と悪いことを考えてしまう、、、本当は、どこにでもいる親からの愛に飢えた少年なのに、、、大人はむごいですね。 それにしても、こういう子もしいたら、相当恐いです。。。

  • boo********

    1.0

    ハァー

    何がしたいのか良く分からない映画でした。 終わり方も納得いかないし・・・・・

  • oji********

    1.0

    各国の映画祭で絶賛を浴びたらしい

    しかし退屈やったなぁ、こいつの目的や正体がさっぱり解らんし、それほど不気味さも感じやんし、サイコスリラーになっとるで666は関係なさそうやし、やっぱり『マイキー』や『危険な遊び』のヘンリー『オーメン』のダミアンの勝ちですな。

1 ページ/1 ページ中