2008年3月22日公開

哀憑歌 ~CHI-MANAKO~

THE BLOODSHOT

852008年3月22日公開
哀憑歌 ~CHI-MANAKO~
2.1

/ 14

7%
21%
7%
7%
57%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

売れっ子ホステスの美咲(田畑智子)は最高級品以外は眼中になく、男は金のために利用するだけの高飛車女。ある夜、常連客の誘いを断って自宅までの夜道を歩いていた彼女は、1匹のウサギと出くわす。夜の世界で横柄に生きてきた美咲だったが、そのウサギに興味を持ち連れ帰ったことから、思いもよらぬ恐怖に襲われる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(5件)

悲しい28.6%かわいい28.6%不気味14.3%絶望的14.3%切ない14.3%

  • まー

    1.0

    ウサギ好きに謝れ!

    無料で配信されていたので見てみたけれど、 これは酷いね!酷すぎます! 脚本、演技、演出、カメラ、結末…どれをとっても素人以下! 無料でも時間を無駄にした感じがして不快。 正直レビューを書く時間も勿体ない気もしますが、 これ以上、被害者を出さないために書き留める(苦笑) 特に酷いのが恐怖シーン。 例えばウサギが足元から登ってくるシーンがあるけど、 音楽がなければ愛らしいご褒美シーンです(汗) 目を真っ赤にした田畑さんがウサギと一緒に キャベツをムシャムシャって、どんなコントですか? あと終盤にウサギが手や足を齧って、 血を舐めている(ような)演出があるけど、 怖くないのはともかく動物虐待じゃね? ウサギ好きの人が見たら不快極まりないです! 動物実験されたウサギの呪いか何か知らないけれど、 この映画を作った人がウサギに呪われたら良いと思います…

  • rat********

    2.0

    宣伝文句にだまされた~!

     アニマル・パニック・ホラーなんて言えば、動物に襲われる映画。「ジョーズ」とか「ピラニア」「グリズリー」みたいな作品を思い浮かべていたんですが・・・  確かに嫌な予感はしたんです。主演の田畑さんの周りにいたのがウサギだったから・・・。  まあ、ウサギに襲われるシーン自体はありますが、あれじゃあねえ・・・。  すいませんけどこの作品、ホラーとしては、もちろんのコト何の魅力も感じませんでした。ネットカフェで暇つぶしに観た映画なんで、大した怒りも湧きませんが劇場でなんてことだったら、金返せばりに怒りがこみ上げたと思います。  ただ、役者さんは結構、名の知れた人たちが続々と登場しています。何この贅沢な使い方なんて、思ってたら、三部作だそうです。他の人たちをメインにした話があと2本あるそうです。今回の出演者が、そっちの話にも絡んでいくみたいな・・・  でも、あんまり見たいっていう気はしないですね~。また時間つぶしの無料映画配信だったら見てやっても、って感じかな。  ホンっとに残念な一本でした。  しかし、考えてみるにあの宣伝文句もいけないと思います。アニマル・パニック・ホラーはないでしょう。せめて、「新感覚ホラー・動物たちの怨念に憑かれた人々・・・」みたいに、心霊モノだよってわかっていれば・・・。ちょっとは見方が変わって感じ方も変わったかもしれない。

  • caro

    1.0

    3部作らしいが失敗でしょう

    「アニマル・パニック・ホラー」を期待して観たのですが、そんな描写は皆無でした。 ウサギが可愛いので全く怖くなく、後半もわかりずらい演出でした。 それならばいっその事ネズミホラー映画「ウィラード」の様な構成にしてあの可愛らしいウサギが人を襲いまくるホラーコメディにした方が良かったと思います。 新しい試みに挑戦したのは評価しますが過去の「アニマル・パニック・ホラー」をもっと勉強すべきだったと思います。 この内容では3部作の必要性もないでしょう。

  • rec********

    3.0

    ウサギと一緒

    この映画の見所は ウサギと一緒にキャベツをムシャムシャ食べる田畑智子。 かわいい^^ 作品としては楽しくない。 一応ホラー映画らしいけど、怖くない。

  • ino********

    1.0

    意気込みに作品が追いついていない。

     一応ホラー映画に分類されているが、大半は人間関係のドロドロ。  ヒロインが、夜な夜な兎に襲われる悪夢を見るのだが、何をされているのか映像的に解り難く、しかも恐怖の対象である兎の愛らしい姿のために恐怖が伝わらない。  動物実験が動物虐待であるとのメッセージも、虐待された兎の視点で描かれていた方が、ストレートに伝わっただろうに。 兎にとり憑かれ、左目が真っ赤になってからの映像表現もCG等を使わず、カラーコンタクトなのが丸解りなので、冷めてしまう。  何より、怖くないホラーである点が、最大の問題。  <ゆうばりファンタで鑑賞>  

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
哀憑歌 ~CHI-MANAKO~

原題
THE BLOODSHOT

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日