レビュー一覧に戻る
REC/レック
2008年6月14日公開

REC/レック

[REC]

R15+772008年6月14日公開

sng********

4.0

ネタバレ実録風ホラーの優等生

「ブレアウィッチプロジェクト」から約10年、実録風ホラーの成熟を感じた一本 たったひとつのネタを追うことで観客を辟易の波に突き落としてしまうといった課題を見事にクリアーしている。 消防署の取材から、アパートでのちょっとした騒ぎ(既にただならぬ事態が進行しているとすぐにわかる)、不気味な老女による襲撃、アパート封鎖、感染症、ゾンビ、発生源の追及、意外な犯人、得体の知れない住人、狂った部屋へとテンポ良くサスペンスも恐怖もあの手この手で攻めてくる。 たった一つの視点での情報量としては詰め込めるだけ詰め込まれてあり、観客の想像の余地も残してあるさじ加減はお見事であろう 決して退屈させてなるものかとの気概が伝わってくる。 個人的には本作以降の実録風ホラーでこれを越える作品はほとんどなかったように思う。 また、FPSホラーゲームへ与えた影響ははかり知れず、今見ればパブロの死が実は最も衝撃的だったりもする。 終始感情いっぱいに語りかけてくるアンヘラさんがどんどん好きになっていく仕掛けもとても良かった。

閲覧数1,673