ここから本文です

同級生 (2008)

監督
深川栄洋
  • みたいムービー 53
  • みたログ 81

3.30 / 評価:30件

男の子と、かつて男の子だった人たちに

  • 東雲さや さん
  • 2008年6月8日 8時25分
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

行定監督のセカチューはいささか暴走気味の男子高校生の憧れ・夢・妄想(学校一かわいい女の子・夕陽を浴びるブルマー姿・白いワンピース姿・秘密のお泊り旅行など)を美しい映像で見せてくれたけど、この作品も同様に等身大の高校生男子が描かれているのではないかと思います。
ライバルに負ける、夢に挫折、父親との確執、高望みの志望校、そして恋。

不運の続く主人公を励まし続けたのはまだ会った事の無いメル友。
当然のことながらメル友に恋心をいだくようになるまで時間はかからない。
「オイオイそれじゃ勉強に身が入らないでしょう?」と見てるこっちは思うのですが、
冬に入り、「追い込みかける前にいちど会いたい」とケジメをつけようとする。
この一言、なんか気に入っちゃったなあー。
彼女にも勉強にも本気なのが伝わってきた。

逆光ににじんだような映像はとてもキレイ。好みです。
若い役者さんたちの演技(台詞)は、まあ置いといて、、、。
でも表情などから苦しみがよく伝わってきましたよ。
簡単には見せなかった合否結果や、辛い卒業式のシーンなど監督のセンスいいな、と思いました。


最近人気があるらしいD-BOYSの中村優一くんが主演。
なので館内はほとんど女子でした。
でも、男の子とかつて男の子だった人に観てもらいたいなあ、と思った映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ