レビュー一覧に戻る
劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事(デカ)

mic********

5.0

徹底的にクライマックス!

これほど愛された怪人たちはいないのではないでしょうか。 面白さからいっても歴代1位だと思います。 お父さんから子供まで家族みんなでTVを囲んで楽しんだ1年でした。 それは、やはり、クオリティの高さ。 「野上良太郎」というとてもレベルの高い設定を、とても自然に演じてしまった「佐藤健」 イマジンという敵キャラであるはずの怪人を浄瑠璃級の演技で見せたスーツアクターの方々。 そこに生命を吹き込んだ一流の声優陣。 この設定を生み出したプロデューサーと脚本家。それを実現させていくすべての制作スタッフ。 どれが欠けても「仮面ライダー電王」になり得なかった奇跡のような作品です。 作品自体は決して完璧ではありません。 この劇場版も、確かに最初はVシネマだったんだろうと思うところがあります。 でも、幅の広い観客層は「モモたちにあえてうれしい!」が共通の思いです。 本当に楽しいノリの作品です。ノンストップで75分駆け抜けていきます。 でも、ちゃんと「電王」らしくホロリとさせるところもあります。 「電王」は本当にすごい作品だなあって思いました。ぜひ。 一度見たファンの共通の言葉「次はいつ行く?」

閲覧数196