ここから本文です

シークレット・サンシャイン (2007)

SECRET SUNSHINE/密陽

監督
イ・チャンドン
  • みたいムービー 189
  • みたログ 630

3.92 / 評価:278件

宗教の矛盾

  • オーウェン さん
  • 2017年9月8日 18時42分
  • 閲覧数 1708
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

シングルマザーのシネは息子のジュンと共に故郷へと帰ってきた。
やり直しを誓うも、息子が誘拐され殺害される悲劇に。
人生に絶望したシネは、キリスト教への入信を決意する。

韓国でのキリスト教がどういう位置づけなのかは知る由もないが、何かしらの救いを求め藁をもすがる思いでというのは分かる。
シネの場合はそれがキリスト教だったわけだが、この映画はそこに矛盾を突き付ける。

悪を許すという考えのため、息子を殺した犯人とどう向き合うのか。
またその結果シネはどうなるのかがこの映画の見所。

明確な答えを出すような映画でもないし、共感を求めるような類でもない。
でもこの映画は主演のチョン・ドヨンに引っ張られるような勢いが感じられる。
人生に絶望すればどんな行動をとってもおかしくない。
それをまざまざと見せつけられる。

タイトルも全編通してみると納得する作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ