ここから本文です

シークレット・サンシャイン (2007)

SECRET SUNSHINE/密陽

監督
イ・チャンドン
  • みたいムービー 189
  • みたログ 630

3.92 / 評価:278件

抽象的でない韓国映画

撮ってはならないものにギリギリまで迫りあと一歩手前で踏みとどまる慎み 

誇るうるほどの数の韓国映画を観ているわけではありませんがポン・ジュノやパク・チャヌクらの作品は不安を打ち消けせないままでもつい観てしまいますし、ナ・ギドクやキム・ホンジンらの作品に乗せられたな、といささか自虐的な快楽を知らぬ間に求めたりしてますし、昨年は「あゝ荒野」などで日本でもすっかりお馴染みとなったヤン・イクチュンらを応援したくなったりしてるのですから恐らく自身とはそれほど抽象的な間柄でもないかな、と思ったりしております。

上記の監督たちが撮った作品を手放しで誉める気はありませんが、共通しているのはご自身が撮らずにおれない対象を本能的に捉えてるいる点。そのためにはここまで踏み込みながら、あと一歩の所で立ち止まることも辞さない潔さにある気がします。

映画好きなら誰しもが味わったことがある「何で、この戯れをこうも余計に続けるのか?」という、うんざりするようなマニエリズムの惰性化というやつを上記の監督さんたちは聡明に回避する術を心得ているように思うのです。

さすがにイム・チャンサンの「大統領の理髪師」ほどでないにしても、その大きな体躯にして薄い影の魅力を呈してくれたソン・ガンホが素晴らしいですね。
またカンヌ主演女優賞のチャン・ドヨンも「渇き」(パク・チャヌク)のキム・オクピンと同様に求めるモノを渇望し続けるあまり、身なりにも構わぬままひたすら夢想に耽るようなエロチシズムを自然に体現して虜になりそうです。
若い頃はこういう女性って本当にだらしなく見えて近づくのもイヤだったのですから人の嗜好の推移って本当に不思議なものです

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ