2008年8月16日公開

同窓会

1052008年8月16日公開
同窓会
3.5

/ 121

26%
31%
20%
13%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

若手新進女優(佐藤めぐみ)と不倫中の映画プロデューサー南(宅間孝行)は、ある日妻の雪(永作博美)に離婚話を切り出す。2人は高校時代からの初恋を実らせて、見事ゴールインしたが子どもには恵まれず、あっさりと離婚が成立する。だがその昔、男性たちのあこがれのマドンナだった雪への南の裏切りを知った高校時代の仲間たちは、激怒する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(89件)

笑える17.4%泣ける17.0%コミカル15.5%楽しい14.8%切ない12.5%

  • モリタ

    5.0

    ネタバレ感動のラスト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cha********

    2.0

    ネタバレバレッバレ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kih********

    1.0

    あり得ない“勘違い”、不愉快な“勘違い”

     何のことだかサッパリ分からないのに、何とか若い世代も理解しなけりゃなどと殊勝な気持ちで?眠気と闘いながら最後まで見た。無駄だった。分からないままで終っておけば良かったのに、腹が立ってしまった。あとで解説をみると、こういうのを“だまし”の映画というのだそうだ。騙されるのは構わないけど、もうちょっと気持ちよく騙して貰えないものか。  ま、カリカリしないで騙し・騙されを楽しめばよいのだ(ろう)。予めお断りの字幕が出る。  ――  勘違いは、人生最高の悲劇であり喜劇である。――  ま、そうかもしれない。ただ、私の場合はもう一行付け加えたい。  ―― くだらない勘違いに付き合わされるのは、不愉快だ。 ――

  • gfq********

    4.0

    前情報なしに見るべし!私はそれで楽しめた

    まず見て!それからレビューチェックをして下さい。 一言で言うと・・・ 男はバカで、女は腰が座っている? (世の男性陣ごめんね) 何の前知識なく、たまたま録画したのを見ました。 何?高校生時代に好きだった子と結婚した男の話なのね。 それにしても、 現在(30代)と高校時代を行ったり来たりするのが多くない? 途中、それでちょっと中だるみな気分に。 その大好きだった子と結婚できたのに・・・ とこれ以上書くとネタばれになるのでやめておきますね。 永作さんの高校時代を演じた尾高杏奈さんが一番素晴らしかった! あの笑顔には、高校生男子は皆やられるね。 一番面白かったのは、中村獅童さん登場シーン。 あれは笑えた。 いやぁ、すごい! ナイス配役。゚(゚ノ∀`゚)゚。 皆さんのレビューをちょっと見ましたが、 賛否両論ですね。 でも、私は「賛」の方です。 だって、泣いちゃったもの。 笑っちゃたもの。 星5つにできなかったのは、中だるみ感があったのと、 ある配役がイマイチだったこと、 映像がもっときれい(景色や色合い)だったら良かったのにと思ったので。 まぁ、全部素晴らしい!と思える映画はなかなかないのだから、 星4つは上等だと思います。

  • zono7te2

    2.0

    ネタバレ映画としての感性に欠ける

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


宅間孝行南克之(かっつ)
永作博美友永雪(ゆき)
鈴木砂羽石川えり(ひめ)
二階堂智浪越文太(ぶんちゃん)
阿南敦子和田政子(わだまさ)
飯島ぼぼぼ利根川一(トネイチ)
尾高杏奈友永雪(少女時代)
兼子舜南克之(少年時代)
渡辺大浪越文太(少年時代)

基本情報


タイトル
同窓会

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日