ここから本文です

ドゥームズデイ (2008)

DOOMSDAY

監督
ニール・マーシャル
  • みたいムービー 65
  • みたログ 566

3.22 / 評価:273件

生きたウサギを粉々にするシーンは実写

  • zat******** さん
  • 2018年5月5日 20時01分
  • 閲覧数 2854
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

始めの方に一瞬出てくるあの場面はCGでも合成でもない。
(作りモノを破裂させた映像を繋ぎ合わせたわけではない)
本当に生きたウサギを大口径の機関銃で木っ端微塵に殺害した映像です。

本作で監督・脚本・編集を務めたニール・マーシャル(当時37歳)、
典型的なアングロ・サクソン人による稚拙で野蛮な映像作品を見たいという方はご覧あれ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ