2008年3月22日公開

口裂け女2

982008年3月22日公開
口裂け女2
3.9

/ 65

32%
34%
26%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

岐阜県で養鶏場を営む沢田家の三姉妹、長女の雪枝(川村ゆきえ)、次女の幸子(岩佐真悠子)、三女の真弓(飛鳥凛)は順風満帆に暮らしていたが、半狂乱となった雪枝の昔の恋人・鈴木が雪枝と間違えて真弓に硫酸をかけてしまう。深い傷を負った真弓を姉たちは励ますが、同じころ街では連続殺傷事件のニュースで騒ぎになっていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(35件)

悲しい20.0%切ない18.1%恐怖15.2%絶望的11.4%不気味10.5%

  • KENJI

    3.0

    ネタバレホラー要素が弱い。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • abu********

    3.0

    ネタバレちょっと勿体無い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • unm********

    5.0

    ネタバレここ5.6年で観た邦画ホラーで1番当たり。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rat********

    4.0

    そして、伝説へ・・・

    「殺人鬼を飼う女」を見て、飛鳥凛さんにはまりました。名前にも聞き覚えがあるし、どこかで見たような顔だと思っていたら「仮面ライダーW」の彼女でした。(今、思えば、仮面ライダーWって結構、好い人がいっぱい出てたな・・・すいません、余談です) で、作品検索をしていてこれを見つけたんです。 一本目の「口裂け女」は見たことがあります。水野美紀さんのメイクがスゴかったってのは覚えてるんだけど・・・内容は大したことなかったと記憶してます。 そんなわけで本作にもあまり期待せず、飛鳥凛さんが見れればいいなくらいの気持ちだったんですが、予想以上に面白かった。因みに一作目とは全然繋がりが無いので、この作品だけで楽しめます。 そして、主題歌を飛鳥凛が、歌ってます。自分は好きですね。声も良かった。 それでは、本編ですが、先ず、幸せ一杯の家族風景から始まります。飛鳥凛さん、可愛い女子高生です。憧れの先輩といい雰囲気になって大喜び。一番上のお姉ちゃんの結婚式で、二番目のお姉ちゃんも帰省して、まさに笑顔の耐えない家族風景だったのに・・・ ここから不幸が連鎖してドン底に堕ちてしまう。 【ネタバレです。ラストまであらすじを】 結婚の決まったお姉ちゃんの元カレがストーカーで、自分を選ばなかったことに腹をたて、硫酸をかけちゃうんだけど、 なんと、そこに寝ていたのは妹の飛鳥凛。ストーカーの元カレは、彼女はどこだと騒ぎ立て、母親を殺してしまうが、危険を感じた父親に撃ち殺されてしまう。 硫酸をかけられた顔は、治すことが出来ず、可愛かった飛鳥凛は、終始マスクを外せない状態に陥ってしまう。 被害者の家族でありながら、周囲からは興味の目で見られ、有らぬ噂で傷つけられる。 この噂が原因なのか、父親の仕事も上手くいかず、彼は自殺してしまった。 気丈な飛鳥凛は、今まで通りに学校生活をおくろうとするが、周囲から好奇の目で見られ、親友も離れていってしまう。 憧れの先輩との文通が、救いであったにもかかわらず、東京で暮らす彼にも彼女が出来ていた。 精神的に追い詰められていった飛鳥凛の中で別人格が生まれ、人々を傷つけるようになる。 そして、妹の狂気に気付いた2人の姉は、保身に走り、彼女を殺して、山奥に埋めてしまった。周囲には東京の病院に入院したと告げ、この事実を隠そうとしたが・・・ 彼女は口避け女として生まれ変わってしまった・・・ 早い話が「口裂け女2」は、口避け女のビギニングでした。でも、その誕生秘話は、あまりにも悲しすぎる。 実際の事件を元にして、この作品は作られたみたいなことが、エンドロールで流れてました。 まぁ、口裂け女の件はフィクションだとしても、こんな事件があったってのはショックです。って言うより、どんな事件であっても被害者にとっては、やるせない辛い出来事には違いない。 にも関わらず、被害者は、常に公開されプライバシーはない。心無い人たちの好奇の的にされ、有らぬことを噂され、事件以上に傷つけられることもあるのかもしれない。 何故?人は弱いものに向かって、よってたかって傷つけるのだろう?

  • moc********

    5.0

    すごく丁寧

    情念が切なく深く感じ入ります。脚本が丁寧で、もはや感動に域だと思いました。こんなホラーは見たことない。心して鑑賞してほしい作品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
口裂け女2

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル