ここから本文です

セックス・アンド・ザ・シティ (2008)

SEX AND THE CITY

監督
マイケル・パトリック・キング
  • みたいムービー 654
  • みたログ 4,072

3.81 / 評価:1323件

化粧室での会話に聞き耳を立てているかの様

  • さん
  • 2008年8月6日 23時35分
  • 閲覧数 2146
  • 役立ち度 141
    • 総合評価
    • ★★★★★

全ての男女がそうだと断言するつもりはないですが。

数限り無いお気に入りのプラモデルやミニカーに囲まれて幸せそうな男性を、女性が理解できないように、数限り無いお気に入りの洋服や鞄に囲まれて幸せそうな女性を、男性は理解できない。

純正のホイールがあるのにわざわざ新しいアルミホイールに取り替える男性を、女性が理解できないように、下駄箱一杯の靴を持ちながら「今度の結婚式に履いて行く靴がない」とわざわざ新しい靴を買う女性を、男性は理解できない。

四駆の広いトランクルームに夢を感じる男性を、女性が理解できないように、広いクローゼットに夢を感じる女性を、男性は理解できない。

女性の美に関わる仕事をしているとはいえ、やはり私はただのおっさん。女性の赤裸々な本音を理解しきれず、まるでパウダールームで繰り広げられる会話に聞き耳を立てながらも、頭の上に「?」ランプが絶えず点灯しているかの様な心境。

それでも・・・恋に、友情に、お洒落に、仕事に・・・
自分に磨きをかけ続ける美しい女性達に魅力を感じた2時間でした。

TV版は全くの未見ですが、冒頭きちんと4人のキャラ説明があり、ニューヨークの街と次々登場する前衛的なファッションの手伝いもあって、すぐその世界に入り込む事ができました。また、恋と友情を軸としたドラマもしっかりしていますので、TV版未見の方でも楽しめるのではないかと思います。

余談
世界の男性意識調査をした際、日本男性は最も安定志向と現状志向が強いと言う結果が出ました。ニューヨークをはじめ世の女性は元気です。この作品を観て、頑張れ日本男子!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ