ここから本文です

ミッドナイト・ミート・トレイン (2008)

THE MIDNIGHT MEAT TRAIN

監督
北村龍平
  • みたいムービー 29
  • みたログ 317

2.72 / 評価:165件

原作はクライヴ・バーカーのデビュー作。

  • mr_******** さん
  • 2018年10月20日 21時27分
  • 閲覧数 529
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作は「ヘルレイザー」シリーズでおなじみのクライヴ・バーカー。

この「ミッドナイト・ミート・トレイン」は彼が1984年に作家デビューした時の短編集の1篇であり本のタイトルでもある。
だからクライヴ・バーカーにとって思い入れのある小説ではないでしょうか。
監督は日本の北村龍平。
短編を長編映画にするのは大変だと思うが、うまくまとめていると思う。
スプラッター描写が多くて耐性のない方にはキツいと思うけど、殺人者が躊躇なく機械的にぶっ殺していくので「ホステル」あたりより不快感が少なかった。 

売れない写真家(ブラッドリー・クーパー)は偶然、地下鉄内で行方不明になった女の写真を撮ったことから、怪しい食肉の解体業の男に行き当たる。
インパクトのある写真を撮るため、夜の地下鉄に乗り込み、殺人現場に遭遇するが・・・。

殺人鬼役のヴィニー・ジョーンズが不気味でよかった。
主人公のブラッドリー・クーパーは今やトップ俳優だがこの頃は、こんなホラー映画でもがんばってキャリアを積んでいたのだろうね。

出演者の中にブルック・シールズ(往年の美少女)の名前があったので驚きつつも懐かしかった。
まだ、そこそこ美人だった(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ