ここから本文です

黄金の腕 (1955)

THE MAN WITH THE GOLDEN ARM

監督
オットー・プレミンジャー
  • みたいムービー 5
  • みたログ 75

3.87 / 評価:15件

麻薬撲滅キャンペーン映画

  • iyayo7 さん
  • 2012年6月25日 22時17分
  • 閲覧数 394
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

テーマ音楽が有名で、「黄金の腕」とはドラマーではなく、ポーカーのディーラーの腕のこと。
ソール・バスのタイトルもいい。
フランキー(フランク・シナトラ)は麻薬の療養所から出所する。
療養所で習ったドラムで生計をたて、博打の世界から足を洗おうと思っていた。
アパートに帰ると車椅子の妻ゾシュ(エリノア・パーカー)が待っていた。
フランキーが交通事故を起こしたことが原因で、フランキーには責任があった。
同じアパートの下の階には愛するモリー(キム・ノヴァク)が住んでいたが、新しい男が出来たようだ。
音楽業界への就職がままならないなか、意志の弱いフランキーは再び麻薬に手を出してしまう。
美しいキム・ノヴァクが観音様のような女性を見事に演じている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ