ここから本文です

黄金の腕 (1955)

THE MAN WITH THE GOLDEN ARM

監督
オットー・プレミンジャー
  • みたいムービー 5
  • みたログ 74

3.87 / 評価:15件

逆戻りへの環境

  • NZT さん
  • 2014年10月29日 12時18分
  • 閲覧数 368
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランク・シナトラがドラッグへの禁断症状など巧く表現している。
ドラッグが全てをダメにしてしまうというメッセージ性を感じる。

音楽の使い方が面白く(好きで)、中でもフランキーが療養所を出てからドラッグにまた手を出してしまうシーンにて、売人がドラッグを用意する時に一回置く毎に”ドン!ドン!ドン!”という演奏が鳴る音の演出が印象に残る。

二人の女優の好演も光る。
フランキーの意思の弱さにも問題があるけれど、それよりも車椅子の妻(エリノア・パーカー)が車椅子になってしまった原因をわざとらしく蒸し返し(フランキーの飲酒運転の事故により)罪悪感を植え付けたり、せっかくドラマーの仕事を掴めようとしているフランキーにディーラーの仕事(ドラッグに手を出しやすい環境)に戻るよう勧めたりなど悪影響を与えている…
妻の隠していた秘密にも腹立たしい。
対照的にキム・ノヴァクが演じるモリーはフランキーを心から心配(愛する)人物でとても魅力的な人物でした。

療養所を出た後は他の街へ行き再スタートすべきだった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ