レビュー一覧に戻る
まぼろしの邪馬台国
2008年11月1日公開

まぼろしの邪馬台国

1182008年11月1日公開

kko********

3.0

主人公が好きになれない

どれだけアクの強い主人公でも、どこか愛すべきところがあるはず。。。なのですが、映画全体を通して、この主人公とも言うべき宮崎康平(本当は吉永さゆりさんが主演ですが)が好きになれませんでした。 本当の宮崎さんはきっと素敵な人だっただろうし、だからこそ夫人も献身的に夫の夢を一緒に支え続けたのだと思うのですが、映画の中ではその表現がちょっと不十分かなという気もします。 ただ、島原をはじめ、当時の九州がとても美しく撮られていて、映像としては素晴らしい。プラス吉永さゆりさんの演技が、とても癒しになっています。

閲覧数1,808