ここから本文です

まぼろしの邪馬台国 (2008)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 113
  • みたログ 494

3.07 / 評価:214件

宮崎康平さんとその妻に感銘

  • inaichi0615 さん
  • 2015年7月26日 23時24分
  • 閲覧数 780
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 この映画、舞台は古代ではなく現代であることにまず驚いた。なんちゃあない、夫婦あいを描いたドラマであり、それよりもその二人は吉永小百合と竹中直人である。そのインパクトと題材でなくて脚本や監督の演出で評価が決まってしまう所がとっても要注意である。もちろん一定の期待値は裏切らず、飽きることなくエンディングまで見通すことができる。
 ところで男性であれば、この竹中直人演じる『宮﨑康平』さん、豪快な昭和の人物であり、人として調べてみると面白い。私は読んでいないけど、書籍『まぼろしの邪馬台国』も読んでみるのも一興だと思う。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ