2008年8月23日公開

落語娘

1092008年8月23日公開
落語娘
3.1

/ 87

8%
34%
32%
13%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(58件)


  • posco

    4.0

    下手な女流落語家を演じるミムラが上手い

    落語好きでいつも寄席で観る女流落語家の違和感を感じている。 落語は男が主役の噺が多いからだと思う。 この映画はミムラが演じる女流落語家の演技が本当に上手い。下手な感じ、違和感のある感じが良く出ている。いや、ミムラの垂乳根は本物の女流落語家やり上手いかもしれない。 映画のストーリー自体はグダグダで感心できないが、ミムラの演技は凄いも思った。 あとジルデコの歌が良いね。

  • spr********

    3.0

    そんなにダメ?

    落語好きです。伝統と鍛錬の芸ですね。 師弟関係とか、舞台の裏側とか、良いポイント多かった気がします。軸になる曰く付きの話もいいです。が、星つけると4ついかないんですよね。マイナス要素ないけど、自信持っておすすめできるプラス要素もないって感じでした。

  • jac********

    5.0

    ネタバレテーマ・脚本・演出・演技全て良し‥★5

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tangodelta987

    4.0

    笑いに高尚もヘッタクレもない

    酒と女遊びに明け暮れる自堕落な師匠が金に困って禁断の演目に挑む話プラスそれを支える女性弟子の奮闘話 楽しい作品でした お気に入りレヴュワーさんのリストから鑑賞  話の前半はゆっくりしていますが、後半次第に話が速度を上げて展開し、落ちもきっちり、ついていて読後感はすっきりした作品 師匠の、笑いに高尚もヘッタクレもないという言い分や、話のなかにはそれ自身に話し手に語らせるチカラのあるものがある等の言い分には、妙に納得してしまいます いずれも、道を究めたプロの職人の発言の中によく出てくる類ものかと。 それにしても、津川さん演じる落語シーンは本物みたい ミムラさんは梅ちゃん先生の松子役の時に認知 品があって華があって凛としておられて, まるで生きたモリハナエ先生のブランドコンセプトみたい  少なくとも虫プロのアニメムーミンに出てくるミムラ姉さんより余程美しい 評価がイマイチ低いのは、落語をよく知っている人にはなにか引っかかるものでも、あるのかしらん テレビでしか落語を見たことのないものとしては、とても楽しい映画でした

  • おおぶね

    4.0

    ミムラがきれいでとてもいい

     ミムラがきれいでとてもいい。  落語の映画として、ごく普通によくできている。  落語家以外が落語をやる時は実写に換えるというのも当たり前のことである。でも、津川は十分にうまい。昇太がいちばん下手そうに見えるのは偏見か。  一番よかったのは、ミムラがどうして落語界に入ったか、というところである。  師匠が叱るのは勝手な思い入れは観客には不要だということである。  これは落語でなくても、どの芸術でも同じである。  感性たっぷりに歌うのと、冷静に曲をアナリーゼして歌うのとでは後者がいいに決まっている。  泣くのは出演者ではなく、観客なのだ。  

  • fic********

    4.0

    伝統を守るお仕事は、大変ですね。

    純粋に落語が見たければ、寄席に行きます。 これは、落語界を題材にした映画。 ミムラは女優で、落語家ではない、それに修行中の二つ目の役 落語がイマイチは、当然で、落語家ならではの、大げさな言い回しも当然。 難しい役どころを、うまくこなしていたと、僕は思いますよ。 益岡徹に啖呵を切ったところは、かっこ良かったとも思います。 津川雅彦も、さすがの貫録で、破天荒な落語家を見事に演じていた。 理屈や伝統より、面白ければいい、お客が楽しんでくれればいい の精神は、当たり前なんだけど、当たり前の事が出来ないのが落語界。 伝統を重んじる”男社会”で、卑下されている落語家の女弟子が 最後に、師匠の命を救うって言うオチも、落語娘というタイトルと 一貫していて、悪くなかった。 「女に落語家は無理」と言い切った、プライドの高い益岡徹にも、 最後はミムラを認めて、後味もいい、気楽に観れる、良い映画でしたよ。

  • tak********

    2.0

    良い女優,大無し

    ミムラさんて不思議な魅力のある上手い女優さんです,とにかく演出と本を理解して作ってない監督のせいで,なんか酷い作品に,落語の世界研究,勉強不足…, 女性落語家に着眼点を置くだけか, はたまた止めネタの話題か…,どっち付かずの話になり, 自分ばかりが理解していて観客への説明不足って素人さん?,原作が良いだけに残念です,

  • har********

    3.0

    すみません、ちょっと辛口です・・。

    うーん、なぜ笑いを求める落語をテーマにして、あのようなおどろおどろしい作りにしてしまったのでしょうか・・。 いや、確かに落語というのは「何でもあり」で、あえておどろおどろしい内容にして緊張を高め、そして一気に力の抜けるオチを持って来て笑いを誘う、という手法もあります。ただ、この映画は全般にわたってほとんど笑いらしい笑いもなかったし、ずーっと緊張しっぱなしでした・・。 「落語娘」というタイトルで、僕は落語好きなので観に行ったのですが、これは別に落語をテーマにしなくてもいいような気もします・・。で、「浪曲」だったらどうなのだろうか、と思ったのですが、ますます内容が重くなりそうで、これはこれで「落語」が合っているのかなとも思ってみたり・・。どうもすっきりしないです。 ただねぇ・・、僕は枝雀さんの落語をよく聴くのですが、なんだか落語にある世界観と、この映画にある世界観ではすごく違和感を感じました。 去年観た落語の映画「しゃべれどもしゃべれども」は、心が温まって、「自分も落語をやってみようかな。」と思わせる素晴らしい作りだったのに対して、今作はどうも落語の面白さが伝わってきませんでした。 せっかくミムラがあんなに落語が好きで、噺上手な役を演じているのですからそこをもっとクローズアップして、「女でもここまで落語が面白くできる!」というような痛快なストーリーが良かったなぁと思います。 僕は、「映画というのは、2時間あればどこかに面白いところがある。」という山田洋次監督の考えがとても好きで、この映画にもやっぱりいいなと思うところはあります。例えば、徐々に緊張を高めていく演出方法だったり、津川雅彦の素晴らしい演技だったり。 でもなぜ、テーマが落語なのか。そこが本当に腑に落ちなくてこのような書き方になってしまいました。どうもすみません。

  • y31********

    4.0

    津川さんのホラーとセクハラ満載☆

    映画のタイトルが落語娘と言うよりは 呪いの落語噺と言う方が良かったかも・・・。 それ位、ホラー的要素があり楽しめた作品でした。 本来の落語ファンからすれば 落語本来の良さとか演じている所も少なかったから イマイチだったかも・・・? ミムラさんのおねえさんっぽい所とか礼儀正しい所とか良かったが どうにも落語口調が多く喋るスピードが速いと言うのか 何を言っているのかわからない所が最初の方で多々あった。 やっぱり、落語は苦手だなあと思っていたら 展開が変わってきて面白くなっていきました。 後半も、日本史サスペンス劇場の様な感じで 半分実写を加えた落語噺だったから理解出来たし 本当に怖かったです・・・。 あとは、津川さんのセクハラの凄さに感動。 特に、伊藤かずえのアソコのスジをこするのと ミムラの乳をモミモミに感激しました。 寝ずの番の監督の時も関西では騒然となる三文字の連発。 津川さんの映画でのはじけぶりはさすがですね・・・(^-^)v

  • yok********

    1.0

    じゅげむじゅげむのぽんぽこぴ~

    じゅげむじゅげむごこうのすりきれ・・・・むにゃむにゃむにゃ。 と、ミムラの流暢であっぱれ見事な早口上! 思えばこれが最大の山場でした。 セクハラにもダメ師匠にもめげず男社会の落語の世界で頑張る女噺家。 噺はうまかったけどやっぱりミムラじゃ線が細いなあ。 あの透明感でこんなどろくさキャラを!?な意外感が、結局違和感に 負けてしまっている。 ここぞ、ってタンカを切る肝心な場面でそのキャラのあわなさが頂点に。 他にも、山場の講演会のシーンで津川雅彦の落語を再現劇で置き換える なんてあまりのひどさにぽんぽこぴ~。 わかりやすくするための演出は汲みますが、別の場面で事前にあらすじ だけ前知識いれとくなど、もっと要の落語シーンを大切にできなかった ものかと。 映画の盛り上がり場面をことごとく本気で「下げ」に見せてしまった シラケ感に私の評価も「下げ」となるのでございます。 お後がよろしい・・・・・ですかね(^^;

  • ray********

    4.0

    女の落語

    近くのDVD屋に置いてない上、ウィキペディアも存在しないという希少?な映画。 ミムラファンということでずっと見たかった作品をテレビの放送でやっと見ることができた。 感想は・・・・・・・津川さんすげぇ・・・ 終盤のシーンはもちろんだが終始師匠としての存在感を感じさせた。 プライドが高い益岡さん演じる三松家柿紅が崇めるだけある風格があった。 作品のテーマ、落語娘との名にあるように「女の落語」が、 恋や男社会での肩身の狭さなどから描かれていた。 特に話の鍵となる呪われた噺にもつながっていてまとまりがある。 その噺が純粋な語りでなくドラマを混ぜていることに賛否両論あるが、 私はこれでよかったと思う。 噺には霊が乗り移るだけの気迫が必要だが、 いくら津川さんでも本物の落語家のような語りをするのは無理だろう。 ドラマの中のばあちゃん(名前が分からないが)なんかの演技は素晴らしく 引き込まれる魅力があった。 ミムラは津川さんに比べ見せ場が少なかったが、 落語を愛する新米の女落語家をしっかりと演じてた。 落語があんまりうまくないのもちょうどいい感じだったと思う。 全体的にコミカルな感じで CGが陳腐だったり、リアクションの表情がオーバーだったりしたが、 (呪われた落語のオチなんかも) それもユーモラスな落語の映画ならではだろう。 ミムラ扮する女落語家の成長をもっと見たかったが 津川さんの迫力ある噺もあったし 落語映画として十分見ごたえのある作品だったと思う。 <追記> 基本的に新米の情けないシーンばかりだったが 啖呵を切るシーンなんかでミムラの魅力は十分に堪能できたので その点からもよい作品だったと思う。 ミムラは「ビギナー」以来のファンなので これからも期待して追っかけたいと思う。

  • アニカ・ナットクラッカー

    4.0

    ネタバレミムラの成長物語と思いきや・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    5.0

    津川雅彦に尽きる、ウマすぎ。

    津川雅彦がうますぎる。でも、そのオカゲで、作品に深みとアジが付いてる。 ただ「面白い」だけじゃない映画。 オープニングとエンディングのなぎら師匠の出演も楽しい。 ミムラって、「着信あり」のコだよね。 怪物、津川とよくぞ、張り合った・・頑張ったと思うよ。 まぁ、彼女はお嬢さんって感じで品があるし、魅力的。 実際、飲み屋で見かける女の「芸人」はもっと汚いけどね。 そこが、ちょっと不満かな・・でも楽屋でのセクハラシーンはリアルでした。 あと、伊藤かずえが出てたんで、嬉しかった。 結構、きわどいシーンもあって、津川師匠、うらやましいです。 益岡徹は、リアルにいそうな落語家だよね。 でも、ミムラの啖呵をイキに受け流すあたりは、流石噺家。 「落語は、人の弱さや、醜さを決して切り捨てたりはしないんです!」 このセリフはきまったね、後のセリフに効いて来る。 俺もその通りだと思う。 憂き世の我慢ならない事や、ヘドの出そうな偽善を「笑い」ってオブラートかぶせて、 ぶっ飛ばすのが落語なんだ。 「負け犬」師匠を支える一番弟子の心意気。 これぞ!落語映画!

  • goo********

    1.0

    どこのアマチュアが撮ったんだ?

    面白いとかつまらないじゃなくて、 だだのアマチュアが撮った映画にみえた。 ぜんぜん入り込めない。 大神会長の自作映画みたい。 どこのボンボンが作ったんだ? 星ひとつも付けたくない。 おい、ボンボン、 ミムラさんにあやまれ。

  • umi********

    2.0

    落語映画とすれば残念

    NHK朝の連ドラ「ちりとてちん」が面白かったので、ちょいと落語映画に興味を持ちました。 落語を扱った映画を落語映画とするか、落語話をベースにして話を作った映画を落語映画というか、まあどちらにせよこの作品は中途半端な感じです。役者さんは芸達者な方が多く、落語家を見事に演じてます。まるで落語家みたいと感心するためにこの映画観ている訳ではないのでねえ。 むしろ、同じ系列の作品「しゃべれどもしゃべれども」のほうがすんなりと楽しめます。

  • ryu********

    3.0

    タイトルに偽りありですね。

    『落語娘』というタイトルから、勝手に男尊女卑の落語の世界で、女の子がのし上がっていく物語だと思ってみてしまいました。 お話は、普通に面白かったですが、何だかタイトルに偽りありですね。 女の子いなくても、この話は成立するし、どっちかと言えば怪談話に近い内容でした。 もちろん、人情喜劇でしたけど。 あれだけの名人に、女の子の弟子しかいないというのも、ちょっとねぇ。リアリティがない気もするけど。 それでも、クライマックスの落語の高座のシーンは迫力がありました。 今までにも落語家を主人公に据えた作品はありましたけど、落語家が一つの話にかけるエネルギーを描いた作品はなかったので、それだけでも評価できると思います。 ミムラの落語のシーンは、もっとあった方が良かったなぁ

  • noi********

    3.0

    ちょいと趣向を変えまして・・・・・・

    『世の中の流行り廃れは30年でひとまわり』なんてことをいいますが、ちまたでは今「落語ブーム」なんだそうですな。 落語ブーム。 ブームなんてものになっちまうと、アタシらみたいなちょっと前からの落語好きなんてのは逆に不安になりますね。ちやほやされてるウチはいいが、2・3年で飽きられて次のブームが来るまでまた30年間たなざらしになっちまうんじゃないかと気が気じゃない。 こういうのを不安(ファン)心理、と言うそうで。ええ。 『落語娘』という映画、見てまいりました。 ぶっちゃけで申し上げると、『しゃべれども、しゃべれども』よりは格段に面白かった。 何がイイって、あのお嬢さん。ミムラ。 着物姿に黒髪がウブくって、あたしゃもう、グッと来ちまいました。 グググのグーッ、ってなもんで、もう一発で惚れましたね。 あとはアレです。津川雅彦。 『寝ずの番』というデタラメやり放題の噺家たちの映画を撮ってたかと思ったら、とうとう自分でも出ちゃった。 あれでしょ? 『客が喜びゃ、なんでもありなのよ~ん』っていう落語バカの役どころ。 私生活と落語が一体化してるような、昔のプロレスラーみたいな師匠の役ですよ。 力道山。馬場、猪木、みたいな。アニマル浜口・・・・・・は最近ちょっと違う宗派に鞍替えしましたかね? あの師匠のモデルには立川談志師匠も入ってますかね。 お弟子さんの志の輔師匠がN○Kで『ためしてガッテン』という番組の司会をやってたのを評して「大衆を相手にするな。N○Kを追放されるくらいじゃなきゃダメ!」って言ってるらしいですからね。ちょっとカブる。 映画ん中には一方で『落語は芸術です。アートです』なんてのを地でいくようなお堅い師匠もでてくるわけで、こっちは益岡徹。 この対比がなかなかリアルで洒落になってない。落語ナントカ協会の人たちは見ててハラハラしてたんじゃないですかね。 まあ、アタシみたいなノンポリの落語ファンなんかはどっちもアリだから気にしませんが。 格闘技に例えて言うと、『ハッスル』も『K-1』もどっちもアリ、みたいなね。 バイクに例えるとハーレーダビッドソンも、カワサキのW650もアリ・・・・・・なんてことを言って果たして、どのくらいの方におわかりいただけるものかどうか・・・・・・。 さて、このまんまダラダラ話していってもラチが開かないからズバッと結論にいきましょうか。ズバッとね。 ・・・・・・ところでこの「ラチが明かない」という言葉の「ラチ」ってなんだかご存知ですかね?もともとは競馬の言葉で、馬が走ってるところを区切ってる柵がこの「ラチ」。 馬がゴール前で一生懸命走ってるところでもって、前の馬が邪魔で、てんで前に出られない。「あーぁ、ラチがあけばなあ。なんであかねえんだろう」なんて、思いながら第4コーナーを回ったのがトウカイテイオー。時は1992年、12月。第37回有馬記念で・・・・・・、 何? そういうのが「ラチが明かない」だって? ご尤も。 じゃあ、スッといきますよ。 この映画ね、DVDで結構です。 いや、アタシは面白かったんですよ。 でもね、他人様に薦めるとなるとそれなりの責任もしょいこむわけでしょ? あーもう、全然DVDで結構。 むしろDVDで見たほうが新たな魅力が、あちらからもこちらからも溢れ出てくるくらい。 DVDで2度、3度と見ていただいて・・・・・・なんていい始めると、逆に宣伝してるみたいになっちゃう。 ま、話のタネにというか、眠れない夜に他にすることも無いから見てみたら・・・・・・思ってたよりヨカッタネ、というのが一番イイ見方なのかもしれません。 「芸人に上手もヘタもなかりけり。行く先々の水にあわねば」 ・・・・・・というわけで今回はワタクシの好きな小三治師匠風のレビューでした。 お後がよろしいようで。

  • ktk********

    4.0

    落語映画に外れはないですね。

    最近多い、落語がテーマーの映画。 タイトルや、本編が始まっての、感じから、ミムラ演じる、三々亭香須美の 成長物語と思ってたら、途中から、師匠が挑戦する、『緋扇長屋』がメインになりましたが、 全体としては、楽しめる作品でした。後半はサスペンスぽいですが。 師弟の絆を描いた作品でしたね。 三々亭平佐の破天荒なキャラは、遠い昔の芸人風で、普段服装からは、立川談志を 連想してしまいましたが。 落語のシーンは、1部再現映像を入れてるので、視覚的にわかりやすかったですね。 意外と、ミムラの落語が上手なのには、ビックリしましたが。 往年の名悪役、金田龍之介が少しのシーンですが、出演してましたが、まだまだご健在のようですね。 これからも、映画に出てほしいですね。

  • tom********

    3.0

    落語の良さがまったく伝わってこない

    駆け出しの落語娘がダメ師匠に翻弄される話。落語をテーマになんのひねりもなく映画を作ったら、そりゃ面白いわけがない。しかも肝心の落語シーンを時代劇にしてしまっては落語映画の意味がないわけで。 ミムラは主役のくせに脇役的な仕事しかしていないし、駆け出しの設定とはいえ落語も秒読みでは…。 落語の良さがまったく伝わってこない作品。

  • sak********

    2.0

    なーんかパッとしない・・・

    ミムラ。 自然体でその辺にいそうな雰囲気でありながら、凛とした強さを持っている。 筋の通った女性。 そんなイメージのミムラが私は好きだ。 と言う事で、DVDレンタル。 今回もまた、この人を好きになった。 津川さんの迫力・貫禄は言うまでもなく、完璧。 はまり過ぎ。 演技じゃなくて、地なんじゃないかと思うほど。 男の世界で、女がやっていくのは、想像を超えた大変さがあるんだろう。 よっぽど信念がないと、続けられない。 私なら、すぐに辞める。 最初は下っ端だから、あんな地味~な着物を着なきゃいけないんだろうか。 あれはあれで似合ってるけど、 せっかくなら華やかな着物がいいのに。 ラストも今ひとつ、パッとしないような。。。 私にとったら、観ても観なくてもどっちでもよかったかなぁ。

1 ページ/3 ページ中