ここから本文です

剥き出しにっぽん (2005)

監督
石井裕也
  • みたいムービー 15
  • みたログ 30

3.06 / 評価:18件

これがデビュー作なんだ・・・・・

  • tengu3711 さん
  • 2010年5月26日 15時17分
  • 閲覧数 544
  • 役立ち度 20
    • 総合評価
    • ★★★★★

どーも、昨晩、また「振り込め詐欺」のアタリ電話が、入ったらしく

遅く帰ったら、オヤジが一人でパニクってました・・・というか、ヘベレケ・・・

俺の名前を使ってかけて来たらしく、刑事さん曰く、


「アタリってヤツですよ、家族構成や状況の確認です」


つまり、本番前のリハーサルみたいなものらしい。

しかし、人騒がせだよなぁ・・・全く・・・オヤジは過去一度、被害にあってるので、

またか!・・・・と酒飲んで、木刀ソバに置いて、テレビつけっ放しで寝てました・・・


なんかね・・・・もう、イッソのこと、彼女と愛犬ローザを一緒に呼んで住もうか?

なんて、今、考えてます。

で、父親と彼女と3人で暮らす映画と言えば、コレ!


「剥き出しにっぽん」ですな・・・


「川の底からこんにちわ」の石井裕也監督のデビュー作。

自主映画なので、セリフ聞き取りづらいし、かなりキツイ16ミリ映画だけど、

石井監督の片鱗は、かいま見れます。

この人は、昔から、「家族」をテーマに撮っている人だったんだね。


「人間の剥き出しの欲望」

それを、醜いモノと捕らえるのでなく、「笑っちゃうモノ」として捕らえる。

どこか「諦観」している様で、どことなく優しい「視点」も一緒。



男って、自分はスケベなくせに、女のスケベを許さないよね。

その辺の男のイヤラシサも、余すことなく、剥き出しにしてます。

主人公の「童貞くささ」と、彼女の「リアル」さが、「ツボ」でした。

おじいちゃんの****シーンは、ちょっと笑ってしまった・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ