ここから本文です

サンシャイン デイズ 劇場版 (2008)

監督
喜多一郎
  • みたいムービー 6
  • みたログ 19

2.18 / 評価:11件

解説

当初から映画化も視野に入れて作られた人気テレビドラマ「サンシャインデイズ」の劇場版青春物語。湘南に実在したカフェをモデルに、さまざまな若者たちが集う“カフェBB”を通して1970年代の自由な空気を再現する。太陽のようなヒロインを演じるのは『夜のピクニック』の西原亜希。その父親役に大杉漣、母親役にキャシー中島らベテラン俳優が顔をそろえる。甘酸っぱい青春の思い出とともに披露される、懐かしい名曲の数々も聴き逃せない。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1978年夏、レコードデビューして3年の兄弟デュオ“BB”のサッチン(斉藤慶太)とリュウ(初芝崇史)は、一旦音楽活動を休止して茅か崎に戻る。そこで彼らは広大なお屋敷に住むお嬢様のひかり(西原亜希)と出会い、彼女の用心棒として屋敷に住み込むことになる。やがて彼らはガレージを改装して、気の合う仲間たちとカフェを開き……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ