レビュー一覧に戻る
ホームレス中学生
2008年10月25日公開

ホームレス中学生

1162008年10月25日公開

mar********

4.0

徹平君だったら拾っちゃいますけど…?

タレント本というものに抵抗を感じる私は、原作もドラマも見ていません。 その為、試写会は新鮮な気持ちで観ることができ、かえってよかった気がしています。 映画のキャストが発表され、主演が徹平君と知った時の衝撃! 田村さんと徹平君はどうしても結びつかず、ミスキャストに思え、心配していました。 だって、公園で寝泊りしている田村さんを見かけたら、見ないふりを決め込むか不審者扱いして警察に通報するかもしれませんが、徹平君だったら、迷わず保護して家に連れ帰りますもの( ̄ー ̄)ニヤリ しかし、そんな心配は、すべて杞憂に終わりました!! 徹平君で、正解!! 童顔で可愛らしい徹平君が演じると、何故かユーモラスに見える箇所が随所にあり救われるからです。 草やダンボールを食べるシーンでも、同情が先にたち、見ていて決してイタクナイ。 何度も会場が、笑いの渦に包まれました。 徹平ファンには、衝撃的映像で始まるオープニング。 映画の随所に、徹平君のあんな姿、こんな姿…、色々な意味で今までお目にかかれなかったようなお宝映像も満載。 二十二歳の徹平君が、中学生を演じてしまうところも、スゴイ。 童顔の強みをフルに生かしています。 脇を固める役者さんの演技も素晴らしく、何度も涙させられます。 イッセー尾形さんに「解散」と言われれば、了承せざるを得ない気がするし、強いふりをしていながら、内心は妻に頼りきっている弱い男が、妻の病気と共に崩れていく様を、短いカットの中で実に上手く演じいてらっしゃり、感服。 田中裕子さんが、大阪のオバチャン、それも肝っ玉母さんを演じるのが想像できなかったのですが、見事な演技でやはり感服。 兄役のキンコンの西野さんの演技は初々しいが故に、家族の危機に直面し、長男として戸惑っている様子が上手く表現されているように感じられ好演。 親失格者の父親による、家族へのDV、子どもへのネグレスト。 母の死を消化しきれず、その上父親にまで捨てられ、心理的にトラウマを抱え、アダルトチルドレン化してしまい、兄姉に対しても遠慮をしがち。 田村さんの子供時代を演じる子役が好演していることもあり、そんな様子が、本作には丁寧に描かれていました。 この家族にとっては、母がまさに「ホーム」というべき存在だったのだと思いました。 母を失い、「ホームレス」となってしまった家族。 終戦後ならいざ知らず、中学生がホームレスという衝撃的な事実にばかりに目を奪われがちですが、家族の大切さを描いている作品だったと、鑑賞後しみじみ思えました。 一つ屋根の下で家族と一緒に囲む食事の有り難味と幸せについて、改めて考えさせられました。

閲覧数281