レビュー一覧に戻る
ブラインドネス
2008年11月22日公開

ブラインドネス

BLINDNESS

PG121212008年11月22日公開

ばーちーばー

1.0

ネタバレ設定も雑だし内容もムナクソ

めちゃくちゃネタバレです。 伊勢谷友介が運転中にいきなり失明して、奥さんの木村佳乃やかかった眼科医などが感染して失明する。 眼科医の奥さんは失明してないが、旦那が心配で感染して目が見えなくなったフリをして旦那とその施設へ入る。その奥さんが主人公。 隔離施設(病院ではない)患者がどんどん放り込まれ、治療などもなく目の見えない人たちで自治を気づき生活させられ、劣悪な環境になる。食料は外から定期的に配給されてたが食料が足りなくなり、よくある無人島話みたいに施設内の1人悪い奴が銃を持っていて食料独占して販売するように。みんなが買うための資金がなくなったら女性が差し出されるっていう女性からしたらめちゃくちゃムナクソ悪い描写があり。 この時点でもなぜかはわからないが一向に失明しない眼科医の奥さん。「目見えてるんだから銃奪って反撃しろよー」って野次飛ばしながら見ていました。けっきょくその奥さんが悪い奴をハサミで刺して殺すんだけど銃は奪わず。その後反撃させると怯える仲間たちだがなんやかんやで火事が起きて施設から脱出して仲の良かった数人(この中に伊勢谷友介や木村佳乃もいる)で街に出るが街の人もみんな目が見えなくて都市機能は麻痺。スーパーとかで食料ゲットして自宅に辿り着く。 数日経つとなぜか最初の感染者の伊勢谷友介の視力がいきなり戻り、主人公の眼科医の奥さんが失明して終わり。 救いがない。目が見えないからこそ人の本性がわかるってことを言いたかったのかな?? 雑だと思ったのは伊勢谷友介が最初の感染者だったけど国はどこかもわからないし。(日本ではないことは確か) 途中のシーンで国のトップたちがその感染に対する会議に飽きて感染拡大を見て見ないふりをするようになったってナレーションにあんぐり。いくらなんでもそれはないだろう。雑!! 眼科医は施設内で娼婦と不倫するし(同じ失明したもの同士で何か通じたのか) 主人公が悪い奴をハサミで刺した後にモブの男が「大人しく女を出してれば食料貰えてたのに」っていうセリフも怒。 こらを見る前にコンティジョンを見てたから余計かもだけど、、 謎のウィルスに立ち向かう話ではない。

閲覧数1,990