レビュー一覧に戻る
容疑者Xの献身
2008年10月4日公開

容疑者Xの献身

1282008年10月4日公開

ara********

3.0

堤真一を見る価値はある

まあまあ原作に忠実。なんだけど…。 福山雅治をかっこよく見せようとしてる制作側の思惑が前面に出すぎて鑑賞の邪魔でした。雪山のシーン…必要? 「柴咲コウの無駄遣い」みたいな狂言回し役は役者にとって気の毒にすら思うほど。 あと工藤はダンカンじゃないと思うよ…石神よりスマートじゃなきゃ駄目だよ…。 湯川が真相を語る相手は花岡靖子であってほしかった。それがあればこそ最後のシーンが生きるはずなのに…。 BGMもなんだか合っていなくて違和感がありました。クライマックスが一番合っていなかった。 でも堤真一の演技がとても良かったので見る価値はあります。数学者としてのリアリティがありました。無口な役なので目がすべてを語っています。天才の孤独と悲しい優しさを背中で表現できています。

閲覧数5,875