レビュー一覧に戻る
容疑者Xの献身
2008年10月4日公開

容疑者Xの献身

1282008年10月4日公開

hik********

5.0

これほど“愛のある嘘”を見たことが無い。

元々は「ガリレオ」のテレビシリーズの延長戦からの映画化。 ところが従来の特徴や演出は全然出てきません。おなじみのBGMも無く、栗林など、お馴染みの人物の出番も非常に少ない。 あくまで原作を忠実に映画化しております。 ちなみに本作の公開を記念して、学生時代の湯川を描いた「エピソードゼロ」の特番も放送されました。 なんと僅かながら石神も登場します。 そして本作ですが、なんといっても堤真一氏に尽きますね。完全に福山雅治氏や柴咲コウさんを食ってしまっていました。 あんな終始、ぼそぼそと低いこもった声の氏の芝居は初めてみました。 「Always 三丁目の夕日」と同じ役者とは思えません。 原作では泣けませんでしたが、映画のクライマックスでは、洪水の如く涙がとめどなくあふれ出てきました。 マイナス点は、雪山のシーンが無駄に長かったことですね。 悲しく、重々しい物語なので、気楽にエンターテイメントとして見るには不向きかもしれませんが、総合的には傑作だと思います。 これほど悲しく、不器用で、無上な愛にあふれた“献身”ほ他に見たことがありません。

閲覧数3,291