レビュー一覧に戻る
今、愛する人と暮らしていますか?
2008年5月25日公開

今、愛する人と暮らしていますか?

ARE YOU LIVING WITH A PERSON YOU LOVE?/CHANGING PARTNERS

1162008年5月25日公開

bad********

1.0

あれは錯覚だったのか?

かねてから、韓国映画レビューの反韓ラッシュに辟易しておりまして、誰かもう少しまともに鑑賞した上で、まっとうなレビューをよこしてくれる人はいないかなと捜し求め、ようやく「この人っ!」という人をお二人ばかり発見するに至りましたが。 ただ、ファンリストに入っていただくには若干躊躇する所がありまして。 お二人とも、冷静かつ公正で、しかも優秀な鑑賞者であることは一目瞭然。 しかし、私が高得点をつけた作品に、ことごとく辛口の批評をなさっているので。 なんだか自信がなくなってまいりましてね、韓国と、そこで生活している人々に対する自分の認識に、どこか誤りがあるのではないか、根本的などこかで勘違いしてやしないかと。お二人のレビューを更にじっくりと拝見して、それを参考に作品を再見して、いちから出直しを図れたらと思い始める今日この頃です。 前置きはさておき、上記の如く、認識不足で、あまりお役に立てなさそうな感想を述べさせていただきましょう。 最初に観た韓国映画が「猟奇的な彼女」ではなく、この作品だったら。 おそらく、永久に韓国映画を観る機会を失ってしまっただろうし、韓国の生活を、空気を、肌で感じたいと、幾度もソウルに足を運ぶこともありえなかったでしょう。 かつて邦画で、生き生きと発散されていて、今はもう失われてしまったものが韓国映画にはいまだ健在だ! これは韓国以外では絶対生まれ得ない傑作だ! 日本の文化は危機的状況なのではないか、このままでは、韓国だけでなく、アジア諸国のすべての国々に日本は取り残されかねない・・・ そういった衝撃を一作ごとに感じていた時期は最早過ぎ去ろうとしているのでしょうか。 確かに最近、旧ソウル市街があまり背景に使われなくなってきてるなあ。 カンナム、ヨイドみたいな、今時どこの国にでもあるビル街、ありふれた町並みばっかしだなあ・・・ ストーリーも俳優さんたちも、別に韓国映画でなくたってそこらへんにごろごろころがってるよ… ♪あの時代は 何だったのですか あのときめきは 何だったのですか みんな 夢で ありました みんな 夢で ありました…なんて事になりませぬよう。 この作品が、一時の気の迷いの産物でありますように。 一作ごとに、新鮮な喜びと発見をもたらしてくれる韓国映画界であり続けますように。 残念です。無念です。韓国映画に、星ひとつしかあげられない日が、こんなにも早く訪れようとは。

閲覧数906