ここから本文です

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン! (2007)

HOT FUZZ

監督
エドガー・ライト
  • みたいムービー 626
  • みたログ 2,709

3.85 / 評価:1249件

解説

ロンドンのエリート警察官が、左遷された平和な村で邪悪な組織と一騎打ちする爆笑アクション・コメディー。劇場公開を求める署名運動によって、日本での公開が実現した話題作。ゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』でその名を知られる、エドガー・ライトが監督を務め、サイモン・ペッグ、ニック・フロストが出演者に名を連ねる。パロディー描写と後半のバイオレンス・シーンは、アクション映画ファンのツボをこれでもかと刺激する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ロンドンのエリート警官ニコラス・エンジェル(サイモン・ペッグ)。優秀すぎるという理由で、田舎の村へと強制左遷。そこでも張り切るエンジェルだが、アクション映画好きで、どんくさいバターマン(ニック・フロスト)と相棒を組まされる。ある日、村で怪死事件が発生するも、殺人事件だと主張するエンジェルは相手にされず……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2006 Universal Pictures International. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2006 Universal Pictures International. ALL RIGHTS RESERVED.

「ホット・ファズ/俺たちスーパーポリスメン!」映画好きなら誰もが楽しめる、究極の娯楽映画

 「好きこそものの上手なれ」という言葉に宿る真理を、初めて心底、痛感させてくれたのはクエンティン・タランティーノだった。そしていま、そのタランティーノだって猛烈な嫉妬と称賛をわき上がらせずにいられない才能が登場! それが英国の天晴れな映画バカ、エドガー・ライトだ。

 ゾンビ映画への愛を昇華させた「ショーン・オブ・ザ・デッド」も傑作だったが、同じ主演コンビ(サイモン・ペッグは脚本も共同執筆)と組んだ本作はオタクのみならず、映画好きなら誰もがとんでもなく楽しめてしまう、究極の娯楽映画。ハリウッドの刑事アクションを中心に、スリラーやホラー、マカロニ西部劇に東宝怪獣映画に至るまで、映画ファンをニヤリとさせるディテールをてんこ盛りにし、そうしたジャンル映画やミステリーの「お約束」で遊び倒す。しかし、「好きだから何でもかんでも入れました」という、オタクの自己満足には決して陥っていないのだ。好きな映画への「好きだ」という気持ちをみなぎらせながら、そのオマージュ一つ一つがしっかりとクールなストーリーテリングの一手として、高度なギャグとして機能しているんだから、うれしいじゃないか!

 評判を知った映画ファンによる公開嘆願の署名運動が奏功したという経緯も、実に似つかわしく痛快。映画バカによる映画バカのための、おバカ映画ではない大傑作。見逃すな!(若林ゆり)

映画.com(外部リンク)

2008年7月3日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ