2008年9月20日公開

ウォンテッド

WANTED

R15+1102008年9月20日公開
ウォンテッド
3.4

/ 2,476

18%
34%
30%
11%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

恋人にも捨てられ、人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな彼の前に突如現れた謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウェズリーの亡き父が秘密の暗殺組織をけん引するすご腕の暗殺者だった事実を彼に知らせる。しかも父亡き今、ウェズリーは組織を継承する立場にあると言い……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(1,416件)

かっこいい22.0%セクシー13.7%勇敢11.8%楽しい6.9%スペクタクル6.7%

  • zec********

    1.0

    動機が「大金が欲しいから」ならまだしも

    「不思議織り機に名前が浮かんだから。なっとくして?」 「りょーかい」では頭が悲しすぎるでしょ。 まぁ。米○人は何も考えずに○しておけ。 その1000倍は救われるから。という隠されたメッセージの可能性もあるか。 主人公が任務実行するシーンは白人が2人だっけ? 某国人で固めていたらもう少し話題性(苦情)が上がったかもね。 銃弾を銃弾で相殺するシーンは見せ場1回で十分。連発されて安っぽい。 銃弾軌道変え過ぎで他にやることないの、って感じ。

  • Ikeji8485

    2.0

    ちょっと…

    一般人の犠牲が多すぎ

  • itumogokigen

    4.0

    ネタバレ面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fiv********

    5.0

    映像も美しく面白い!

    これは、とても面白かった。 主演は、ジェームズ・マカヴォイとアンジー。 すでにアクションスターとして地位確立していたアンジーだが、この作品で更にその地位を揺るぎない物にしている。 とにかく、格好良い。 アクション映画だが、ストーリーにリアリティーは無い。 そんなあたりは、評価が分かれるところであろう。 しかし個人的に映像も美しくアクションエンターテイメント作品としては十分評価出来る作品だと思った。

  • hik********

    3.0

    DAIGO氏の吹き替えは、アリです。

    稚拙、と一蹴する人もいますが、寧ろここまで振り切っていると逆に好感が持てます。 有り得ないアクション映像も面白いですし(ただ、リアルでは実現不可能なのが立証されたとか)、少年漫画の様なストーリー展開も見やすい。 クライマックスも盛り上がりに足る展開でした。 ジェームズ・マカヴォイも良かった。 厭世的で情け無い男が、冷徹な暗殺者へと変貌していく様を好演していました。 そしてもはや語り種になっているのが、日本語吹き替え版。私は両方のバージョンを観ました。 DAIGO氏の吹き替えは惨憺たる評価を下されていますが、私は一周回ってアリかなと思えました。 もちろんストレートにハマっているのは内田夕夜氏ですが、ウェスリーのあの情け無さと、DAIGO氏の細くて甲高い声質が思いのほかマッチしていたように思えました。 何故だか数年おきに観たくなる映画です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ウォンテッド

原題
WANTED

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日