レビュー一覧に戻る
BUG/バグ
2008年7月5日公開

BUG/バグ

BUG

1022008年7月5日公開

Cyber_oz

3.0

ネタバレ暴走した妄想の果ての狂気

全編ほぼMotelの1室で展開していくストーリー。 『フリードキンの新作』『無言電話』『自分の車にだけある広告』『同性愛者』『謎の男』 これだけ揃えば 何かないハズが無い。 ・・・と期待し過ぎてしまったのか、観終わって「なんだ、幻想(幻覚)オチか・・・」 という残念感が残ってしまった。 が、違う角度で観ると、これほど『暴走した妄想の果ての狂気、そしてラブストーリー』は あまり類をみない のではないだろうか。 『BUG』という単語には 虫という意味の他に、コンピューター上の欠陥という意味もある。 人間の精神の中に『BUG』が出来てしまった時、果たして人間とはどうなってしまうのか・・・ そんな含みもこの作品にはあったのだろうか? 俳優陣の迫力・迫真の演技には惜しみない拍手を贈りたい。

閲覧数168