ここから本文です

BUG/バグ (2007)

BUG

監督
ウィリアム・フリードキン
  • みたいムービー 65
  • みたログ 181

3.11 / 評価:71件

Anywhere Anybody

  • ara******** さん
  • 2011年1月23日 12時09分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

暴力的な元夫から逃れてモーテルに駆け込んだ女(アグネス)。
友人に連れられてやって来て、居ついてしまった男(ピーター)。
ピーター:「オレは軍の実験台だ。追われているんだ・・体中に・・虫が・・・君にも・・・!」

・・・話の組み立て方はとても良かったと思う。軽微な問題と思われた話が徐々に徐々に大きくなっていき、最後は致命的な展開となっていく。

心理的なホラーであるのだけど、残念!と思ったのは
妄想度合いが異常に高すぎる上、ピーターとアグネスの高テンションが後半ずっと続くので、観ている側にも途中で溜息が出たり息切れしちゃうんだよね。

つまり、自分だったらこうしようかと思う・・・

ベッドで摘んだダニやらシラミのような虫・・それを顕微鏡で見た際の映像を実際に映してみるってのはどうだろうか?

元夫とピーターとのやりとりも、もっと虫を絡めた展開を望みたい。

要は、妄想度合いを時には、ヤバイ位に引き下げる展開にして欲しい。
(”確信的な虫の存在”を絶妙にミックスしてくれたらホント最高!w)

ラストも、え?ええ?!まさかっ・・・・・!!!ホントだったの???虫!!!!!

まさに・・・そんな展開にして欲しいんですよね。

この映画の内容だと・・サイコロジカル・プロブレムに終始してしまうので非常にもったいない。w
絶対にもっと良く出来ると思うだけに残念感が残ってしまった。

ベッドに寝転びながら観てたんですけど、眠くもならなかったので、まぁ・・こういうシンプルでまったり系もたまには良いかな・・・って事にしたいと思います。w(本当はベッドで起き上がる程ならベリーナイス!)

考えてみると拡散する恐怖でもありますよね、この映画。
日常に潜むバグは、この二人だけでなくて誰もが持っていて、しかも、「宿主」になっているかも知れませんよね・・

ベッドの上に寝転んでそんな事、ふと思ってしまいました。
・・あ、虫ですか?探しませんよ、そんなのw。実際に自分も探し始めるくらいの映画だったら、もっと良かったのに・・そういう事ですよ、ハイ!(´∀`;)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ