ここから本文です

劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆 (2008)

監督
亀垣一
  • みたいムービー 76
  • みたログ 227

3.36 / 評価:119件

いや、悪くないですって!

  • roc***** さん
  • 2018年8月28日 17時38分
  • 閲覧数 329
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

BORUTOはめちゃ面白くて、ナルト映画の枠を越えちゃったと思うけど基本的にナルト映画は面白くないって気がしてました。
公開から大分立って今更疾風伝の映画シリーズを順番に見てるんだけど、これは面白いですよ。作画だって相当すごいです。

これ、そもそも「ナルトの話」じゃないってところで皆ひっかかるのかな?
絆っていうタイトルも、「ナルトとサスケ」の事だけを言ってるわけではないんですよね、ていうかもはや今回のヒロイン役の「アマルの話」なんです。
絆も「アマルと師匠」っていう複雑なところがメインで、ナルトがそれを今までの仲間からもらった自分自身の絆とリンクさせてアマルに教えてあげる、ここが熱いんですよ。サスケはおまけ。ていうか「ナルトとアマルとその師匠」以外はおまけなんです。
なるほど、確かにこれじゃあ「ナルトの話」が見たくて期待外れになるってのは仕方ないのかもしれません。ただ、そこを意識しすぎないで見てみるとこの映画の面白さが見えてくるんじゃないかなと思います。

もはやナルト世界ではあり得無い敵たちの設定とか、その辺は正史じゃないんだから笑っちゃえばいいんですよ、ていうか笑えます。そんな存在をシノがほぼ単体でフルボッコにしちゃうのもまた笑っちゃいます。やっぱ強すぎますよあの男。

まあ、そうですね。とにかくヒロインのアマルがかわいいんで、そこに感情移入できるかどうかかな。ほんと可愛いしヒロインっぽいですよ、それを助けているナルトを引き立てているもんだからちょっとウルっときますよ。これ、くっ付いちゃうんじゃないの?ってヒナタ的には内心焦りまくってるかも知れないけどね・・・(笑)ホントいいですよアマル。それだけは言いたい。いやだってアマルはかわい(ry

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ