2008年9月13日公開

アルビン/歌うシマリス3兄弟

ALVIN AND THE CHIPMUNKS

922008年9月13日公開
アルビン/歌うシマリス3兄弟
4.0

/ 91

34%
37%
23%
2%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(57件)


  • tai********

    4.0

    超安定の子供向け映画

     シリーズを通してこんなに売れない、いわれはない良作。子供と一緒にみても楽しいんじゃないかなぁ。 よく歌のシーンがあり(大人の歌だらけなのはアメリカっぽい)開放的で陽気。 子供向けというか幼児むけかな。すごくわかりやすいけど、悪役描写が子供向けにしてはキツい?バイキンマンみたく優しくない。 歌がうまい3匹のリス(バカ・ハカセ・おデブ)が歌手デビューしたり冒険したりする話。 ボカロ声というより早送り声のシマリス達に耳がキンキンする人もいるかな。

  • tak********

    4.0

    安定の面白さ

    セオドアが可愛いですね。 ハリウッド映画って歌やダンスがレベル高いですね。 しまっぴーずはあまり出てきませんが、今回はこれで良かったかな。ラストのデイブの決断には感動した。

  • aya

    5.0

    始まりから可愛すぎて…

    リス好きなのでリス目的で観ましたが、ストーリー自体も素敵でした。グリーンの服を着たぽっちゃりセオドアがとても可愛いです。こわい夢みたの…のシーンは巻き戻して繰り返し見てしまいました。いたずらっ子の3兄弟がデイブ(パパ?飼い主?笑)を困らせますが、素直で思いやりのある良い子達なのも心が温まりました。ラストも愛と可愛さいっぱいで幸せな気持ちになりました。のっぽ君がデイブから貰ったメガネを探して直して掛けるシーンも印象に残りました。家族愛ですね

  • sat********

    4.0

    ネタバレかわいすぎるchipmunks

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • myp********

    5.0

    続編も可愛く頼むぜ!!!

    アルビン2が全米でメガヒット中。まえまえから気になっていたので、レンタル鑑賞 あれは卑怯ですね。可愛いすぎでしょ~~! セオドアの目が、目が!! あ~目が目が~ これはムスカです、ハイ でもシマリスにしてはCGが微妙でした! いやいやでも面白いですよ!! 隣で家の親父がゲラゲラ。MY PAPAGORIRA ですよ~~。 大人も子どもも楽しめるので、ぜひ春休みにいかがですか? 友人に勧めたら、「こんな子ども映画なんて、、、、、」 そして見せてみたら、カワイイと倒れた ホラね、みんあこの可愛さには負けるんですよ。 続編もお願いねア~ルビ~ン!!!

  • mak********

    5.0

    子ども映画?いえいえ・・大人もぜひ!!

    他のDVDの作品紹介を見て気になり調べてみると、評価の高さにびっくりしました。そんなに面白いのかな?と半信半疑しながらも鑑賞することに・・・。 「出だしの5秒」で映画の世界に引き込まれました。(笑) シマリス3兄弟の特技はとてもすばらしく、聞いていても心躍りました。 「表情」は、とても感情豊かに表現されており、子どもでも表情から感情をしっかりと読み取れると思います。 ストーリーは、想像通りに進んだのでわくわくといった感じはしませんでしたが、所々で出てくる「ステージ」に満足しました。子どもが観るには、とてもわかりやすい流れで、考えさせる場所もありいいと思います。 鑑賞しようか悩んでいる方には、ぜひオススメしたい一作品ですね。 家族・恋人・子どもたち、多くの人と一緒に観てみてはいかがですか?

  • wxp********

    4.0

    超~お勧め!

    DVDのパッケージを見てある程度期待はできますが予想を遥かに超える面白さです! まず主人公のクマリス達が可愛い! CGアニメの映像も違和感なく素晴らしい! 脚本もよく練られていて、子供はもちろん、大人も余裕で楽しめる高水準作品です。 まっ、強いて欠点を挙げればラストがあまりにも唐突な事くらいですかね。 話しの内容がクリスマスに関する事なので12月頃見ると雰囲気が合うと思いますよ。

  • pum********

    5.0

    ほんまに萌え死ぬわ!

    俺を殺す気かぁぁぁぁぁぁぁ!!!! めっさ可愛すぎて萌え死ぬわ!!!!! めっさ可愛い。マジで。ホンマに。 もうそれしかない! つか、それ以外いらーん!!! ストーリー??? いらーん!!!! シマリスが、喋って歌って踊るねんぞ! その、最早凶器と言っていいほどの愛らしさ他に、 何がいるっちゅーねん! これ以上なんかあったら、ホンマに死んでまうわっ!!!!! 萌がたたって死んでしまうわぁぁぁぁ!!!!! もう、ウチ来い! 寒い冬はウチで過ごしてくれ!!!! ・・・はぁ、失敬。 アルビン、サイモン、セオドアのあまりの可愛さに取り乱してしまいました・・・。 マジで可愛い・・・。マジで欲しい・・・。 いやね、もう2008年度終わりですが、 実は本作、今年度で1,2を争うくらい、ごっつ楽しみにしてたんですよ。 ほんと恥ずかしながら。もう隠してたんですけどね。 SHOWBIZで映像観た時から、 「なんじゃこりゃぁぁぁ!!めっさ可愛いやんけぇぇ!!!」 って思って、ほんまめっさ観たかった。今年中に。 ただ、流石に明らかな子供向けなんで映画館には行けず、 DVD待ちしてて、 ほとんど最近放置状態だったディスカスでやっと借りました。 これは・・・ホンマ可愛いわ・・・。 結局、実写との融合ってのが正解やったと思います。 もしこれが完全なCGアニメなら、 可愛さってのがちょっと半減する気がします。 物語は確かに無いと言うか、昔の王道で、 先は全然読めるわけですけど、もういらないでしょ。 深さなんて、他の映画に任せとけばいいんちゃうかなって。 何でもかんでも深い深いやったら、 どこもかしこもトンコツ トンコツのラーメン業界と同じで、 ほんともう胃もたれして疲れてまうしね。 それに、やっぱメインはちっちゃい子供ですし、 ちんまいのが「かわいい!!!」ってテンション上がればいいんちゃうかなって。 ある程度おっきなった人間が「ストーリーがね」とか言う映画じゃないです。 もう、単純に可愛さにテンション上げてたたらええだけやし、 そういう感覚が無い人はもう観ない方がいいと思います。 やはり軽いだけに、損したって思うはずですから。 ただ、可愛いものが好きな人は必見。 たいしたお話しじゃないし、感動も無いですよ。 断っておきますが。 ただひたっすら可愛い。 そんなんいける口って人は是非どうぞ。 あぁ、あと、字幕いける人は、字幕の方が可愛いと思えるような気がします。 声がね、やっぱ安田大サーカスだと思うとテンション下がるし。 ちょっと高いんですよ、英語版は。そっちの方が可愛い。 しかし、コーエーのゲームでジルオールってRPGがあるんですが、 それのゴブゴブ団ってやつ等の愛らしさに「これが噂の萌ってやつか!」と覚醒したんですが、 結局今までゴブゴブ団が最初で最後の萌だったわけで、 いやー、CHIPMUNKSはゴブゴブ団超えたね・・・。 まさかのゴブゴブ団超え・・・。

  • hir********

    5.0

    『あのね、怖い夢見ちゃったの・・・・・』

    歌うシマリス三兄弟が とても、かわいんです。 長男 リーダーで行動派! 二男 しっかり者の頭脳派! 特に私のお勧めは 三男 セオドア!! さびしがりやで、ドジでのろま、ちょっとぽっちゃり! ですが、三匹をだからまとまる、チョイチョイな感じにやられました。 とはいうものの、 やはり主人公アルビンのトラブルメーカーが、 物語を進めて行くんですね、 歌あり、笑いあり、家族愛ありと まさにホームコメディですね。 ちょっと洋楽をかじった人は 知ってる曲が結構あると思うので、お勧めです。

  • oce********

    2.0

    シマリスが歌う

    何やらこのシマリス3兄弟はアメリカではとてつもなく人気があるらしい。 その映画化ということでアメリカでは1億ドルを越すほど大ヒット。 しかし日本ではまったくといって知られていないため、ひっそりと公開されている(笑) アルビン、サイモア、セオドアのシマリス3兄弟がたまたまくっついたのはミュージシャンのデイブ。 とっとと追い返そうとするが実はこのシマリスが歌を歌えることが分かる。 まるで子供が考えたようなシナリオだが、子供向けだからこれでいいのだろう。 ただ一番の問題としてシマリスを受け入れている人間たち。そして歌が上手いとはとても思えない(笑) 続編もあるようだがこちらも容易い出来なのは想像できる。

  • shi********

    3.0

    セオドアが壺

     とにかく、テンション下がることなく気楽に見れる映画。 掘り下げてないの何も。  しまりす可愛くて萌え萌え。 ハッピーエンドで観た後も爽快w

  • tow********

    5.0

    きっと、大人がハマる。

    始まり方が可愛くてシャレてます。引き込まれる! 歌は意外と今どきの大人向けの歌だし、リスたちのダンスは上手いし、かなり面白いです。 意外すぎるぐらい、笑いました。皮肉とか、いやな笑いじゃなくて、素直に笑っちゃいます♪

  • ram********

    5.0

    癒されます。

    レンタル店でパッケージは見かけてはいたもののCGアニメかと思っていて全く興味を引かなかったんですが、たまたま違うレンタル作品に紹介が収録されていてCG+実写映画だと知りました。出てくるシマリスが可愛いくて、すごく気になったので即レンタルして見ました。 キャラもストーリーも音楽も大好きです。シマリス達が可愛くて可愛くてジタバタしたくなります。とくに末っ子のセオドアくん。正直うちの子になって欲しいです。 可愛い動物とほのぼのストーリーが好きな方にはオススメです。

  • inu********

    3.0

    シマリス好きの方にお勧め...できません

    まずは、お詫びを。『96時間』のレビューで、主役をニーアム・リーソンと綴っています。誰やねん、それ!と思われた方もいらっしゃることでしょう。最後までニーアム、ニーアムと言い切っていますが(恥)、正しくは、リーアム・ニーソンです。ごめんなさい。 さて、こちらはシマリスの映画。小動物が大好きで、『魔法にかけられて』のシマリス・ピップ君にもメロメロになった私ですが、このシマリス3兄弟は、残念ながらイマイチでした。もう冒頭から、彼らの声が好きになれませんでした。『ベイブ』の繋ぎに登場するネズミたちのような歌声で、それでハモられても、不快感が増すばかりです。 見た目も私的には、んー..(微妙)でした。子供たちに彼らの表情がよく分かるようにと配慮されたのでしょうが、こんなドでかいシマリス、おるんかい!です。あれは動物じゃなくて、動くぬいぐるみですね。着ぐるみのキャラクター(じゃじゃまる)をウサギぐらいに縮小した感じ。かと言って、可愛くないわけではありません。見慣れてくると、確かに愛くるしいし、3兄弟それぞれの特徴が見分けられる頃には、愛着も湧いてきます。ただ、本物のシマリスとのギャップが大きすぎて、私は出だしで落胆してしまいました。ラストにちょこっと、イアンおじさん(『こぶとりじいさん』でいうところのいじわるじいさん)が、歌うシマリス欲しさに、普通のリスをピアノの上に乗せてレッスンをしているショットがあり、そのリスたちは、かなり実物に近くて(必死でナッツを食べていたので本物かもしれません)“かっわい~~~♪”と思いました。私の感性が変わっているのでしょうか(汗)。 3兄弟はとってもやんちゃで、人間の子供みたいです。放っておくと、家の中がめちゃくちゃになります。男の子を3人育てておられる方々は、この大変さに頷かれることでしょう。日本の子供たちが羽目を外して騒いでも、それなりに限度があって驚きませんが、外国の子供たちのはしゃぎ方(暴れ方?)は、半端じゃないんですよね。ダイナミックというか、発想がユニークで、時々手に負えなくなります。私って、子供好きと思っていたけど、やっぱり違うかも...と悩まされるほど、どっと疲れがきます。戦いです(笑)。 だから主役が、ハチャメチャに強いジェイソン・リーなのでしょう。キッチンに隠れているシマリスたちを見つけ出すまでが、なかなか面白かったです。いつも見ているコメディ「マイネーム・イズ・アール」の役柄とよく似ていて、彼がいたから、この映画が楽しく愉快に仕上がっているとも言えます。3兄弟が横に並んで、一本のシートベルトを着用している姿も可笑しかったです。でも彼、鼻の下の髭はあった方がいいですね。子供向けだから、すっきり若く見えるように剃らされたのかもしれませんが、彼の暖かい雰囲気が、髭と共に去りぬです。シマリスたちを家から追い出す場面もあるので、暖かくなくて丁度よかったのでしょうけど。 『スチュアート・リトル』もそうですが、人間と会話が出来る小さな動物が、親(家族)を望む孤児の気持ちを素直に言葉にしてしまう、これにはグッときてしまいます。3兄弟の両親はヒッピーだから、1週間でいなくなったのだとか。そんな無茶なー(泣)、ハムスターでも親元を離れられるのは生後2週間だというのに..。 「一緒に寝てもいい?」とポッチャリした甘えん坊(末っ子のセオドア)がベッドに入ってくるシーンは和みます。我が家のトイプーも、主人と私の間に潜り込んで、私の枕にちょこんと頭を置いて寝息を立てます。なんか苦しいなぁと思ったら、私の首に顎が乗っていたり。ヨーキーは、主人の脚の間がお気に入りですが、雷は勿論、少し風の強い夜など、私の頭部に寄り添って眠り、時々ビタッと顔面に張り付いてきます。セオドアの寝相を見ながら、一緒一緒~!と主人と二人で笑いました。 シマリス3兄弟は、幼い頃からアイドルとして生きる子供たちの世界、その表と裏を見せてくれます。金になる商品として扱われる過酷さも描かれていました。又、有名になって、欲しい物を全て与えられる夢のような環境と、お家のルールがあって、時には叱られることもある普通の家庭、どちらの愛が本物でしょう?そんな問いかけにも、シマリスたちが体験を通して、彼らなりの答えを、観ている子供たちに伝えているかのようでした。 ストーリー、ジョーク、そしてスピード感も子供に合わせて作られていると思います。シマリスのサイズに合う小物のアイデア(フラフープや眼鏡など)もキュートでした。歌も弾けていました。今でもメロディが耳に残っています。あの声で(汗)。これ、歌の上手い子供の声だったら、もっと可愛かったのでは、と残念です。小動物とはいえ、おじゃま虫トリオじゃないんだから、早回しの高音みたいな歌声はやめてほしかったです。

  • wil********

    4.0

    「帰って来たヨッパライ」

    とあるDVDの特典画像にこの作品の予告があり 面白そうだったので(あの声に魅了され)DVDを購入しました。 この映画最大の特徴であるシマリス3兄弟の声。 普通の半分のテンポで録音したものを倍の早さで再生すると 機械のような独特の高い声になるそうです。 わからない人は「帰って来たヨッパライ」を想像してください(笑) ビックリだったのは、オリジナルが58年製作ということ。 約50年前にこんな手法がすでに編み出されてたんですね。 その後80年代にも製作され、今回は3度目のブレイクだそうです。 なので劇中の音楽も現代のものから 60年代のオリジナルまでさまざま使用されており 往年のファンも楽しめる内容になっています。 映画冒頭はダニエル・パウターの「Bad Day」で始まりますが なんとボイスパーカッションまでやる芸の細かさ。 ストーリーは完全子供向けですので ご家族で安心してご鑑賞ください。 大人の方は「帰って来たヨッパライ」を 改めて聴いておくことをおススメします(笑)

  • wak********

    5.0

    The chipmunks。

    セントアンナの奇跡が途中ですが、笑うアルビンが親の部屋にあり(笑) 見たくなり再生!! デーブ(ジェイソン・リー)は、いまいち冴えない作曲家。 このままだと、作曲家も首になるという時に、なぜか町でさ迷ってたシマリス3兄弟に好かれシマリスが家に居候。 しゃべるシマリスを不気味がり、追い出そうとするがシマリスの歌声を聞き、これは1つ勝負に出ようと自分の作った歌をシマリスに歌わせ、作曲家としての誇りを取り戻そうとする。 部屋をめちゃんこにしたり、いらんお世話をしたりのシマリス3兄弟にデーブはうんざり(_´Д`) しかし…いつの間にかお互いがかけがえのない存在だと気づく。が… 頭脳派アルビン 陽気な眼鏡ッ子サイモン ちびのセオドア まず声がチップとデールみたいな、高い機械音で結構うっとおしい(笑) デーブの恋を 応援する姿はかわいいんだけど、シマリスらしからない!!人間並のいらないお世話。 でもっ かわいい♪ セオドアが 怖い夢見たから一緒に寝てもいい?なんて言う姿は、キャワーン ♪( ̄▽ ̄)ノ″カワユス~!! (只今崩壊中) やんちゃで、かわいくてグリグリオメメのシマリス。大の大人の私でも 楽しめる映画でした☆ イアンおじさん(デヴィット・クロス)は、いかにもな人間らしさでナイスなスパイス!!商売人です!! にしても、結構な割合で爆笑をしてしまいました。 私って… でも、本当楽しくて ハッピーになれる映画ですよ★ ☆お礼☆ tengu3711師匠様☆メッセージありがとうございました!!いつも楽しんで、レビュー読んでます。 swoop driver様☆メッセージ大変嬉しかったです!!ありがとうございます☆励みになります! 直接メッセージ送れる方には、メールにてお礼致しました。 本当にありがとうございました(^_^ゞ

  • chu********

    5.0

    ♪ I want a hula hoop

    わが師匠と仰ぐお気レビJUDEさんのおすすめ作品。 シマリス3兄弟が「かわいすぎて萌え死ぬ」と 表現されてましたが 流石! お師匠! この表現ピッタシです。 萌え死にました。 それもたった開始5分程から「きゃわ~い~い」と 叫びっぱなし状態。 このかわいさ、言葉にできひん。 とくにセオドアのプクプクした体がかわいくてかわいくて もうたまらなかったです。 シマリスたちの悪戯で家をめちゃくちゃにされながらも 彼らを大事に育てる人のよいデイブ。 ヒールを一手に引き受けたイアンおじさん。 そんでそんで、アルビン・サイモン・セオドアの3兄弟!!! ストーリーとかもうええやん!!にわたしも一票。 でも、王道中の王道ですからなかなかいいお話ですよ。 『家族愛』がテーマといえばテーマなんだけども 製作側もあんまそこのところ追ってなかったような‥。 どうしてデイブは家族を頑なに拒否すんのかとか。 元妻との破局の原因とか。 笑ったのは3兄弟のギャラを彼らのために運用してたり 彼らへのX'masプレゼントにナントカ債権の証書を渡したり デイブのこのとんちんかんな価値観についても 興味が湧きましたが。 このあたりはチビッコ向けにあまり掘り下げず 1ギャグとしてあっさりスルーしてます。 そういえばなんで言葉しゃべれんの?という謎についても??? 解明されぬままっ!!! 彼らの悪戯と歌声と可愛らしさ満載で ほのぼのハートフルな結末。 実写との融合も難なく楽しめます。 X'masシーズンに観るのがベストマッチですね。 デイブが3兄弟のために作ったあのX'masソングの CDがいまめっちゃ欲しい~!!! ♪「The chipmunk song/ シマリスの歌」というタイトルですが これ本当にかわいくていい曲。 ☆は4っつというとこですけど あんなかわいい子たちから☆引くなんてできひん。 ゆえに満点です。

  • whi********

    4.0

    チップモンクの愛くるしい表情に・・・

    。。+゜゜+゜゜+。。(○≧ω≦○)。。+゜゜+゜゜+。。                  “萌え~” なのだ。 シマリスが歌って踊るんだよ♪ 冒険があって、 家族を感じられて、 音楽にハッスルして、 ほのぼの☆ぼのぼの ほわほわ☆ぽわぽわ    しちゃいましょう! ■■■ <アルビン>というのは、主人公のチップモンクの名前。 とってもいたずら好きで好奇心が旺盛なんだ。 カンフーも得意さ! シマリス君の世界にまでカンフーが届いてるなんて・・・素敵☆ その兄が、メガネをかけてる<サイモン>で、 賢くって三匹のリーダー的存在だよ。 このメガネ、もちろん手作り!うふふ。 そして、末っ子の<セオドラ>は、マイペースの甘えん坊くん。 「いっしょに寝てもい~い?」なんて、おふとんに入ってくるんだよ♪ これで癒されなかったらウソでしょう§^。^§ ■ 主人公はこの歌うシマリスくんたちなのだけど、 お話はちゃんと人間社会の中で進みます。 しがない作曲家のデイブとの出会い、 心の交流の中で、 ぽかぽかと温められてください。 ■ 彼らが歌う歌は、実はアメリカでは超有名らしくって、 もうすでになじみのあるキャラクターなんだって。 私は全く知らなかったから、 彼らが音楽の世界に旅立った「後半」よりも、 ストーリーに勢いがあった「前半」が好きです。 その歌声、どっかで聞いたことがあるような気がしたら、 「♪オラは死んじまっただぁ♪」っていうあの声に似てるかも! もちろんイメージだけですよ。 ■ クリスマスの時期に合わせても良かったのにな。 ちょっと早いけど、クリスマス気分も味わえます。 デートにOK! 友達とOK! 家族でOK! 仕事に疲れたサラリーマンもOK! ■ 『魔法にかけられて』で・・・ 魔法にかかっちゃった人→必見の映画です!ズキューンです§^。^§ 魔法にかからなかった人→今回はパスしましょう。すべります(+_+) 私は『魔法にかけられて』が     4.6で☆☆☆☆☆ 『アルビン 歌うシマリス3兄弟』が 3.6で☆☆☆☆  と、なりました。

  • say********

    5.0

    ネタバレセオドア萌えw

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • npg********

    3.0

    この声でHIPHOP?!

    最初リスたちの声が異様に高すぎていやになりそうだったけど 何気にいい映画でした。 クリスマス時期に家族で見るのをオススメします! ちゃんと起承転結そろってて、悪役?やな人も出るし 何気にラブストーリーも入ってるし・・ my boyって最後に家族になったのでよかったです☆ こんな話せるペットnono・・家族が欲しいもんですねえー

1 ページ/3 ページ中