ここから本文です

マーゴット・ウェディング (2007)

MARGOT AT THE WEDDING

監督
ノア・バームバック
  • みたいムービー 37
  • みたログ 450

3.70 / 評価:172件

よくわからないけど胸に刺さる

  • jun***** さん
  • 2019年7月6日 0時30分
  • 閲覧数 29
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何年も連絡を取り合っていなかった実家に妹の結婚を機に息子と一緒に久方ぶりに戻って一悶着あるストーリー。
登場人物の妹なり、その結婚相手なり、ベビーシッターなり、ニコールキッドマン演じる主人公なり、その息子なり。それぞれ抱える罪の意識や秘密や不満があって、それをぺろっと口にしてしまうことで静かながらもギリギリ保っていた関係性や思考がややこしくなっていく話。
家族の確執や不満、胸の内に秘めたことを吐露して一悶着起こる映画はこれまで何度か鑑賞したけど、この映画はちょっと違いました。
今まで見た作品の中でもなんだかすごく淡々としていました。
ものすごい秘密を暴露しているわりにはその事実にそれぞれそれなりの反応しながらも、すっと物語が入り込んで進んでいく感じ。表面上では動揺しながらも根底ではただひたすら「静」。
彼ら他者に自分の秘密が暴露されることを予期していたのか、もしくは心の底で望んでいたのか…。
それぞれの登場人物の心情を測るほど基本設定は掘り下げられていないけど、だからこそ、なんだか不思議と気持ちよく受け入れられる作品でした。多分、詳細に語られていなかったことが逆に特定の一人に下手に共感せずに第三者視点として客観的に鑑賞できたのかもしれないです。
誰に感情移入するか、結局誰にも感情移入できない。そういう見せ方ってある意味面白いですね

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ