レビュー一覧に戻る
ドラゴン・キングダム
2008年7月26日公開

ドラゴン・キングダム

THE FORBIDDEN KINGDOM

1052008年7月26日公開

nin********

3.0

ネタバレ異世界転移と二大スター。

大体のあらすじ。 弱虫アメリカ人の主人公が、不良に虐められ、ビルの屋上から飛び降りて異世界転移。 ファンタジーの異世界では2人の神様がいて、それがジャッキーとジェットリー。 ジャッキーとジェットリーを師と仰ぎ、弱虫アメリカ人の若者が強くなる。 その世界では如意棒を孫悟空に返すことが目的。主人公は如意棒を返して孫悟空を復活させて事件は解決。 現実世界に戻ると主人公は強くなっていた。その力で不良たちをブチのめしハッピーエンド。 コンセプトは面白い。 虐められた主人公が強くなるのはカタルシスがある。また、事故から異世界転移、ファンタジーの世界で冒険するのも良いと思う。 が、しかし。 主人公が事故に遭ったのは、不良の手伝いをしたからである。 不良たちは骨董品屋を強盗しようとしていた。その手引きをしたのが主人公。 店主はピストルで撃たれ、主人公は高いビルから落ちることになった。 ファンタジーの世界で如意棒を返した主人公は強くなって現世に帰ってくるけれども、不良を手引きしたことへの言及がない。 強い力で不良を倒すのはいい。 けれど、手引きしたことへの反省がないのはどうしたものか? ピストルで撃たれた店主、ジャッキーチェンが可哀想だ。 そこがスッキリしないので、良い映画、とはならないだろう。

閲覧数352