レビュー一覧に戻る
コレラの時代の愛
2008年8月9日公開

コレラの時代の愛

LOVE IN THE TIME OF CHOLERA

PG121372008年8月9日公開

yab********

5.0

愛を求める気の毒で無害な男

 50年もの間初恋の女性を一途に追い求めて、心の旅を続ける男。しかし、この作品はそんなピュアな話では終わらない。   彼は心と肉体を完全に分離させている。そこがとても嘘っぽい男に見えるのだが、なぜか不思議な共感を呼ぶ。それは、男という性(さが)がそもそもそういうものだという納得感があるからだ。  男は好きな女性にふられると、それを紛らわすために他の女性の身体を求めるものだ。そこにおいて、心と身体は完全に分離している。心は好きだった女性のことが離れないのに、身体は別の空間のごとく女性の身体を求めるのである。  この作品の主人公も、結婚を誓った女性からの、「私の目が曇っていました」というひとことで、そのやるせなさを、すべて女性の身体に向け、600人もの女性と身体を重ね合うのである。体内から放出することによって、身体は一瞬快楽に充たされるが、心はけっして充たされることはない。  この作品はそれを、かなり大袈裟に描いただけのことである。  それは、男の哀しい性(さが)ではあるが、同時に男のずるさでもある。ずるさの部分で男はなんとか均衡を保っていくのである。  主人公の男はこう自分を語る。  なぜあなたは女性にもてるのです?  きっと私が哀れな脱殻だからだろう  愛を求める気の毒で無害な男だから  愛とは?幸福とは? 陳腐と言われながらも、もう一度考えてみたくなる不思議な作品である。

閲覧数645