ここから本文です

ハンサム★スーツ (2008)

監督
英勉
  • みたいムービー 520
  • みたログ 3,611

3.61 / 評価:1383件

思い切って☆5つ、あげちゃいます!!

  • Kurosawapapa さん
  • 2008年11月2日 21時19分
  • 閲覧数 399
  • 役立ち度 91
    • 総合評価
    • ★★★★★

近頃、ベタ好きな私としては、
最近のベタ映画の不発に、少々寂しい思いをしていましたが、
今回はなかなか面白かった!
評価、低いですが、自分としては、十分楽しめました。

CGや、効果音、衣装、色彩、音楽、
あらゆる手法を使って、最高のファンタジックラブコメディーに仕上がっていました。


特に、作品全体の色彩、カラフルさは必見です!
登場人物の衣装、「こころ屋」(主人公啄郎が営む食堂)の外装、撮影会場、パーティー会場、

まるで、絵の具を派手にまいたような作品で、
とても華やかで、高揚感があります。


また、使われている曲も良かった!
渡辺美里を筆頭に、米米クラブ、久保田利伸、佐野元春、など、
80~90年代の懐かしかったり、アップテンポな名曲がズラリ。


そして、
何よりも笑ったのは、
2枚目俳優、谷原章介が、3枚目を演じる姿です。
ガニ股歩き、時代遅れの一発ギャグ、鼻の穴に指を入れたまぬけ顔。

プライドをかなぐり捨てたような、ブサイク成り切りの演技、
それも彼の役柄はスーツ役(笑)、
本当によく頑張ってくれました。

また、アップでドン(それだけ)、という俳優さんのカメオ出演、他も、実に面白かった。


そして問題の、
Which do you select
ハンサム  or  not ハンサム ?
という、突っ込みどころのあるテーマにも、
この作品では、後半じっくりと、迫っていきます。


外見? それとも 中身? となれば、 
結果は、言わずと知れたものですが、
その持っていき方も、なかなかスムーズな展開だったと思います。

そして最後は、あっと驚くハッピーエンドが待っています。
(少し予想はしていましたが、自分にとっては更に予想を越えたサプライズでした!)



人は相手に対し、100%心のみを見れない悲しい現実はどうしてもあります。
しかし、人にとっての幸や不幸は関係ない、
どちらにも等しく価値がある、ということ。

人生には、必ず何か意味がある。
幸せは見つけようと思えば、ほら、すぐそこにあるんだよ、と言っているような作品です。

そして、人が幸せを得た時の姿は、どんな人でも本当に美しく見えるという、
笑いの裏にある、心温まるメッセージ。

そんな部分を、沢山感じさせてくれる作品です。


My revolution : 自分の改革

スーパードリームエンターテインメントの中に描かれていたのは、
ハンサムスーツを着て変身することだけではありませんでした。

啄郎自身の “心の改革” が、
そこに、ありました!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ