ここから本文です

ハンサム★スーツ (2008)

監督
英勉
  • みたいムービー 520
  • みたログ 3,611

3.61 / 評価:1383件

自分の”おいしい”ところ知っていますか?

  • すみちん さん
  • 2008年11月4日 17時54分
  • 閲覧数 290
  • 役立ち度 45
    • 総合評価
    • ★★★★★

チラシや予告を見た時「“ラブ★コン”みたい」
と興味を持ちましたが、やっぱりラブ★コンの
スタッフ陣が絡んでいましたか~!!

ラブ★コンでのあのド派手で、そしてPOPな
装飾、漫画のような展開(ラブ★コン自体漫画だ…!)、
やや大げさな演技…かなりツボだった私は
とても楽しみに待っていた作品。

なんてったって、ラブ★コンではハンサム、モテモテ
マイティ先生を演じた谷原さんが素晴らしかったのです。
自虐的ともいいますか、あぁ、この人、自分の役割や
いいところを知っているな、と感心したものです。
しかも、今回は塚地さんと一心同体。

脚本の鈴木おさむ氏曰く
「日本のヒュー・グラントとジャック・ブラックのつもりで
書きました」だそう。
確かにジャック・ブラックがヒュー・グラントのスーツ着たら
面白いな~…なんて想像してニヤニヤ。


多くの方がいろいろ指摘しているのを拝読しますと、この作品、
塚地さん演じる琢郎に感情移入できるかどうかも大きいようです。

また、ある種、テーマがストレート!
「ハンサムとブサイク」。

身体に関わる、特に「顔」という、個々の人間のシンボルにスポットが
当れば、中にはアレルギー反応してしまう方もいるでしょう。
そこに心の問題が重なれば尚更。
あとは単純に映画としての「好み」が、結局、評価を左右するだろう…と。

さてはて、私個人の感想としては、とっても楽しめました。
しかも、ちょっとホロっときてしまったり…。


オープニングのあのPOPな感じ、琢郎の営む「こころ屋」の料理の
美味しそうなこと(“かごめ食堂”のフードコーディネーターさんが
手がけているそうですよ)、また、洋服の青山で展開されるアホらしさ
(他のハンサムスーツも最高!ばかばかしい!そして、谷原さん×某落語家さんには笑った~!)、
谷原杏仁の豹変ぶり、塚地琢郎の慢心と葛藤…

北川景子ちゃんと大島美幸さんもかわいらしかったな~。
佐田真由美さんはホント美人!!
また、多くの脇役陣たちも非常にいい味出しています。
伊武雅刀さんは、うさんくさい役やらせたら、私の中では日本一!


そして、問題提起される方も多かった池内博之さん演じる車イスの真介ですが、
私、レビューだけ読んだ時は、「卑屈になった琢郎が、ひどい発言をするのか?」と
ドキドキしていたのです。そりゃやっちゃダメだろ、と。

しかし、実際、作品を観てみると、琢郎が真介に暴言を吐くこともなく、
それ以上に、2人とも「素晴らしき悪友」という印象を受けました。

真介にとって久恵ちゃん(本上まなみさん)は、「自分を愛してくれている、
自分を分かっていてくれている」という安心感と自信を与えてくれる素敵な彼女。
また、「お前はブサイク、オレは車イス」という台詞も、
「お前はブサイク、オレは車イス、でも、それはそれで”自分”なんだぜ!」
と聞こえました。

厳しいご意見もあるかと思いますが、
私は、「琢郎、いい友達持ってるな」って、思いましたよ。


ただ、琢郎に対する「ぶさいく」攻撃が終盤はちょっと見ていてつらかったです。
でも、あのくらい打ちのめしてこそ、最後の琢郎の心境変化にスパイスが効くのかな…とも。
「映画」としては、その落差がひとつの演出でしょう。
でも、実社会であれは本当に傷つくと思います。
言葉って、使いようによっては、簡単に人の心身をズタズタにしますからね。

もし、ファミリーでご覧になるなら、お子さんには「ああいったこと簡単に言ってはダメよ。
あなたが言われたらどうする?」と問い掛けることも必要かも。


「人の見た目」は、時に人生を大きく左右します。
不思議ですよね、人間の遺伝子って。
いろいろな奇跡を繰り返し、今の自分の顔があるわけですから。
ハンサムや美人の人は、おおいに長所を伸ばすべき!

また、ハンサムや美人じゃなくても、私のように「愛嬌のみ」で世の中を
乗り切ってる者もいますから、自分の長所を見つけられればなんとかなるものです(笑

それに、塚地さんにしろ、谷原さんにしろ、今回出演していた役者さん皆、
あのビジュアルだからこそ、今の仕事に繋がっているわけです。
役者は「自分の味」を熟知してこそプロですね。

どうぞ、そんな自分を熟知した役者さんたちの熱演を楽しんでください!


《余談》
ちなみにハンサムって外来語なんですよね。
「handsome」が語源ですって。
「ハンサムは、多くの女性を手の平で転がすことが容易」なんですって!
いや~、ハンサム、すごいわ~(笑

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ