レビュー一覧に戻る
ハッピーフライト
2008年11月15日公開

ハッピーフライト

1032008年11月15日公開

たーちゃん

5.0

ネタバレ航空チケットが高い訳がわかりました

最初は綾瀬はるかさんと田辺誠一さんの恋愛ラブコメディかと思っていたら、全く違って、予想を見事に裏切ってくれる傑作です。 ANAの全面協力の元、航空会社のプロ意識。人命を預かってフライトをする事の重要さ。各パートがプロ意識を持って働いているカッコ良さを感じました。 綾瀬さんのCAと田辺さんのパイロットはもちろんですが、整備士、空港スタッフ、管制官、天気予測士、害鳥駆除スタッフなど普段の航空映画では描かれない場面などもきちんと取材しています。 後半の航空機事故をいかに回避するかの場面では特に岸部一徳さんの芝居が良いです。 コンピューターに頼りきっている若いスタッフが落雷で電源が落ちて、ほとんどのパソコンが使用不能になった時、今までの経験値とアナログの方法で問題を解決しようとする頼りがいのある上司像は感動的で涙が出てきました。 あと2008年の作品にも関わらず、小劇場系の役者が出ていて、いい味を出してます。

閲覧数2,408