レビュー一覧に戻る
ハッピーフライト
2008年11月15日公開

ハッピーフライト

1032008年11月15日公開

dok********

5.0

ネタバレ航空産業界推奨の業務紹介映画です。

好きな映画なので3カ月に一度はDVDで見ています。 映画内容は、ピトー管が離陸時のバードストライクにより破損したため、ダイバートするという単純な筋書きです。 航空産業の仕事について優しく解説してくれる業界推奨映画です(笑) 1.空港内グランドスタッフ(地上勤務の方)のお仕事  (1)最近は減少したがチケット、荷物の受付など  (2)後継者が育たないとなかなか退職も出来ない  (3)チケット販売のミスが出た場合の座席調整  (4)空港内の保安・苦情等の対応  (5)航空機内へは足を踏み入れられない(暗黙のルール)  (6)戻って来る乗客への対応(宿泊・移動手段・食事等々) 2.航空会社地上勤務の事務方のお仕事  (1)天候の調査  (2)コース調査  (3)発着空港の最新データの取得と発信  (4)航空燃料計算  (5)機長のエマージェンシー宣言への対応  (6)見学者への対応  (7)振替便の手配・交代人員手配・機材の手配 3.航空会社整備の方々のお仕事  (1)離陸前の整備作業状況  (2)物事の優先順位で軽微な故障のままとフライトを選択することもある(ただし最終判断は機長)。  (3)工具の一つ一つに名前が書かれている。  (4)工具を紛失した場合、機内、エンジンルームへの置忘れ等の確認から徹底した探索←ただし、工具箱は施錠するはずであり、現実的に見学に来た小学生が持ち去ることはほぼ不可能。本当にあったら、窃盗罪クラスの犯罪である。  (5)フライト前にパイロットと打ち合わせを行っている。  (6)機外からの無線のマイクは喉にあてて話す。 このほかにパイロットやCAの分まで放映された業務について書きたいのですが、既に大長編で書いてしまいましたのでやめておきます。 個人的に好きなビジュアルは、今は亡きジャンボ747の離陸上昇中の姿を、さらに上空から撮影したようなアングルのシーンです。 『ハッピーフライト』の恋愛映画を見たい方は、クヴィネス・パルトロウの方を観ましょう。超人ハルクとペッパー・ポッツの恋愛がご覧いただけます(笑)

閲覧数2,502