レビュー一覧に戻る
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
2008年9月6日公開

劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇

1132008年9月6日公開

myt********

5.0

すばらしいっ!

 ワタクシ、しょこたんが大好きなのでふが、「しょこたんぶろぐ」でしょこたんがグレンラガンの主題歌を歌っていると知り、毎週日曜日の朝やっていたテレビ版を途中から見ていたのでふが、途中からだとやはりストーリーのいきさつが良くわかりまへんですた。それでも、それなりに感動したのでふが...  しかし、今日、この映画を見ていきさつがわかり満足しまんた。  ワタクシが見たテレビ版はこの映画の続きの部分からだたようなので、この映画の映像すべてが新鮮ですた。 今回この映画を見るきっかけになったのも「しょこたんぶろぐ」ですた。  しょこたんはこの映画を見て感動して大絶賛しておりまんた。  また、彼女はテレビ版に続き、この映画の主題歌も歌っていると知りますた。  そういうことなら、なんとしても見なくては、と思い、どこの映画館で上映しているのかネットで調べたら、千葉県ではわずかに一館、京成ローザのみでの上映ですた。  「しょこたんぶろぐ」に載っていなかたらあやうく見逃すところだた。  そして、見終わった感想でふが、ワタクシもしょこたん同様、感動しますた。  すばらしい出来栄えでふ。  ジャンルは異なるが、「ぽにょ」に勝るとも劣らない内容になっていると思いますた。  このようなすばらしいアニメ作品が千葉県でわずか一館の上映とは「なんでぇ?」とたずねたくなりマミタス。  登場人物は魅力的でふ。  グレン団をひきいる不撓不屈の鬼リーダーのカミナ。  どんな困難にもくじけず、ひたすら目の前の壁を掘り続ける、放っておけば、いつまでもひとりでコツコツと穴掘りをしてる男の子、そんな内気で地味な少年シモンがこの物語の主人公だす。  自分の身長ほどもあるライフルを自在に操り、シモンたちを援護する村一番のスナイパーのヨーコ。巨乳でセクシーボディでキュートな女の子だす。  以上の三人と敵のヴィラルというエリート獣人が今回の紅蓮編の主要人物だす。  今回の紅蓮編では、地下から地上に上がった人間と地上を支配する獣人との戦いがテーマとなっているようでふ。  結局、人が獣人の四天王を撃破したところで紅蓮編は終わるのでふが、そこにはとうとい犠牲がありまんた。ネタバレになるので、ここでは書きま千円。  そして、最後のほうで、後半の核となる人物、螺旋王の娘で美少女のニアが登場しマミタス。  しかし、ワタクシ、テレビ版を見てすでに結末を知ってしまっているので、人間が地上に出なかったほうがすべてまるくおさまって良かったので...と思いまふね。  今回見た紅蓮編、ワタクシのまだ見ていない前半の物語だたので、新鮮な感じですごく良かったですぅ。  映像も素晴らしく、しょこたんが語っているようにワタクシももう一度、映画館でこの映画を見たいような気がしまんた。さすがに最新技術を駆使したような映像は迫力ありますた。また、しょこたんの歌も映画の内容とマッチしていて、すごく良かったす。  映像で思い出したのでふが、ヨーコのオパーイの表現も良かったー。お子様でも見ることのできるアニメで女性のオパーイの魅力をこれほど表現したものは初めてではないかのう。  「やはり、大きいオパーイの女性はいいのう」。小さい男の子が洗脳されてしまうかもしれま千円。ワタクシ、オジンだが洗脳されますた。  というわけで、大満足のアニメ映画ですた。  映画館の館内は若い男女でにぎわっておりまんた。しかし、ワタクシのようなオジンが見ても十分楽しめますお。  それにしても、カミナもシモンも魅力的だた。しょこたんが新たに飼いはじめた子猫たちにカミナとシモンと名づけたのもわかるお。しかし、二匹とも母の桂子が呼びづらいという理由で、名前変えられたんだおね。なんでしたっけ、シモンは魔太郎に、カミナは...思い出せません。

閲覧数177