レビュー一覧に戻る
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
2008年9月6日公開

劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇

1132008年9月6日公開

柴田なにがし

3.0

俺を信じるアニキの話

年始にやっていたテレビ放送の録画を只今視聴。 僕はこのテレビシリーズ、深夜の再放送で初めてみました。 とにかく、切符のいい、聞いていて気持ちの良くなる台詞まわし。 劇団☆新感線の中島かずきさんの脚本とのこと。 ですので、ただのロボットアニメだと思ってみるとやられます。 一方で、アニメスタッフは天下のガイナックス。あれですね、 『エヴァンゲリオン』とかをつくってる制作会社です。 いい感じのオタクっぽさ。それを舞台の脚本家が、いい感じに ぶっ壊すつくりです。 声優さんもいいですよね。僕は最近の声優はそこまで詳しく ないのですが、シリーズの中で成長するキャラが多いのですが そのあたりの演じわけも上手でしたし、年取りすぎて声を張れない ような人はメインはってないので、聞いてて気持ちが良かったです。 総じて、まさにコラボレートといった具合でしょうか。 やたらにCM前後のアイキャッチとか凝っていたり、 はたまた毎回のサブタイトルの響きがなんとも詩的だったり。 テレビシリーズの最終話のサブタイトルは 「天の光は全て星」ですからね。このあたりに、グッとくる 人ははまると思います。 キーワードもドリル≒らせん≒DNAってな具合に まぁ、こじつけなんですけど、凝ってます。 それの何時間分もの内容を前後編の映画にしてしまおうって ことなんですが、まぁ、脇役は完全にモブ(群集)と化して ますが、このあたりはやや、テレビシリーズでもそんなノリ でしたのでご愛嬌でしょうか。 はずせない、「アニキがカッコイイ」というところは、 どうなんでしょうか、シリーズ知っている僕としては かっこよかったですけど、初見の人もおそらくは、 このアニキの破天荒なイナセ振りは感じ取ってもらえる のではないでしょうか。 前半戦は、それが伝われば、ほぼ良いわけですからね。 この劇場版をみて、気に入った人が、テレビシリーズを レンタルするというのが、いい流れでしょうか。 とにかくね、脚本の勢いの良さで、アニキがカッコイイんです。 ベタベタで、オチありきのキャラなんですけどね。 アニキの懐の広いゲキに泣かされます。 ただ、この作品単品でオッケーかというと、 キャラクタの背景とか全くつかめないので、やっぱり テレビシリーズはおさえなきゃだし、続編はみなきゃだし 基本総集編だから筋も駆け足で、これだけじゃ不十分なので、 評価は辛めにつけておきます。

閲覧数763