レビュー一覧に戻る
ケイヴ・フィアー CAVE FEAR

shirotume

2.0

車いす設定が面白いが、後半は雑

登山中に妻を失い、自分も車いすになった男が、リハビリのためにかつての別荘へ戻る。 戻った街では巨大な怪物騒ぎが起こっており、主人公もその怪物に早くから気付く。 お隣に若い女性5人組が来ると、彼女らもそして主人公も怪物事件に巻き込まれ…と言うモンスターパニックホラー。 良かった点は、主人公とそのまわりの設定がしっかりしていた所。 怪物に気付いた主人公が周囲に知らせるも、一緒に来た男は精神が不安定だからと鼻で笑い、警察にも妻を失ったショックで思いこんでるんだろうとあしらわれてしまう。自力で解決しようと思うも、車いすなので別荘を出る事すらままならない。 車いすなどの設定がしっかりと生きていて、このモヤモヤ感とハラハラ感は良かったです。 悪かった点は、演出が全体的にしょぼかったせいでB級映画になってしまった事。 きぐるみのような怪物は古い映画だから仕方ないにしても、残虐シーンは弱かったです。 それと後半に「あれ?間違えたの?」と思うほど場違いなBGMは笑ってしまいました。 序盤・中盤はそれなりに頑張っているのですが、出てくる街の人達もなんだか微妙な出番が多く演出が弱いです。 最後の最後にあるオチも、なんか安っぽくなってしまう感じですし 後半はちゃんと作るのを飽きちゃったのかなぁと感じてしまいました。 おっぱい丸出しのシャワーシーンがあるので、男性は見てみては?w

閲覧数251