ここから本文です

ヤッターマン (2008)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 443
  • みたログ 2,870

3.21 / 評価:1,551件

ブタもおだてりゃ・・・恋する乙女

  • hamutyu さん
  • 2009年3月7日 15時30分
  • 閲覧数 358
  • 役立ち度 147
    • 総合評価
    • ★★★★★

再び登場した、アニメ≪ヤッターマン≫の嬉しさと、
三池監督の遊び心満載の実写≪ヤッターマン≫

アニメドロンジョたちは随分と歳を重ねてしまったけれど、
実写ドロンジョでの絶対注目度深キョンの
『ボヤッキー、トンズラ~やっておしまい!!』の声にメロメロしちゃうでしょ。

ましてや、あのブラックスーツに赤パン上のハイレグ。
そして胸谷間チョイ右上にあるほくろに魅力を感じたのもつかの間、
生瀬がその胸に鷲づかみじゃぁ~世の深キョンファンはぶっ飛ばしでしょ。


大人向きに作られたこの作品であるが、世代の親観たさの子連れと思われ、
恋する乙女やヤッターワンのフガフガ鼻血やらのシーンは
とても受け入れられるものではない。
ちびっこ達~退屈なシーンがちょっと長くてごめんよ・・・・・。
この部分は小学低学年以下のお子様をご一緒に鑑賞されるのは抵抗を感じるが。


「ヤッターマンはどうでもいい」・・・そうなんだぁって思ってたら
これ!三池さんもそう思ったのかな?
ヤッターマンたちのこと忘れちゃった?
あまりにもドロンボーたちが美味しすぎて、嵐ファンの女子高生さまには
申し訳ないですが、生瀬とケンドーがボヤッキーにトンズラにしか見えず
降臨したんじゃないかというほど、ハマリにはまった役をこなす。


先が見えちゃうよなギャグもユーモアも三池にはまってさぁ~大変♪
アホらっしいわ!と膝をたたいてツボっちゃい、豪快に笑い口にする。
なんとも美味しすぎて満腹な感じだったかな。


メカもブラックユーモアもエロも“こんなのヤッターマンじゃない”と言わずに
三池遊園地に出かけて楽しんでみてはいかがかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
  • コミカル
  • セクシー
  • 楽しい
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ