2008年11月29日公開

うん、何?

1232008年11月29日公開
うん、何?
4.0

/ 46

46%
26%
13%
13%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

島根県雲南市で暮らす高校3年生の鉄郎(橋爪遼)の日課は、毎朝入院中の母(宮崎美子)に父(菅田俊)の会社で作られた牛乳を届けること。彼は将来の進路と、思いをなかなか伝えられずにいる幼なじみの多賀子(柳沢なな)のことで頭を悩ませていた。やがて高校最後の夏休みが始まり、意を決した鉄郎は多賀子に告白しようとするが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(32件)

泣ける21.4%切ない15.7%ロマンチック12.9%ファンタジー10.0%かわいい8.6%

  • Story Teller

    4.0

    良い映画でした!(^ ^)

    高校生の日常を丁寧に描いた秀作。 超メジャーな役者は出てこない。とてもキレイな田舎の景色の中でゆっくりと成長する高校生の日常に共感出来る。 星は★★★★☆です!

  • man********

    3.0

    バランスが

    役者の子とか風景とかいいんですよ。 ただ一部の台詞や何度か水に落ちたりするようなシーンとか漫画的なんですよ。 全体が漫画的な青春ドラマならそれでもいいんですが、一部でやたらリアルなとこがあってバランスが悪く感じました。 例えば、お母さんが主人公と会話した直後に亡くなって、心電計の動きが止まる~ご臨終~は漫画やドラマでありがちなパターン その後のお婆ちゃんの泣きの演技は異常なまでに長く、しかもリアルで物凄く違和感ありました。 婆ちゃんの泣きはすらっと流してくれたほうが作品にはあってたと思うのですが。。。 全体的に見れば島根の田舎町の風景や、少年と少女の揺れる心を瑞々しく描いた佳作だとは思いますが、ちょっと中途半端な台詞やシーンが多かったと感じました。

  • nis********

    1.0

    映画ってなんですか?

    この監督はリアリティについてどう考えているんだろう? 主要登場人物が全員標準語を話すのはなぜだろう? 脇役は島根弁を話す。でも、主になる人物は全員標準語。島根の風土を描こうとしているはずなのになぜ? たくさん島根の名物を出しているのに言葉だけは違うって、それはむちゃくちゃな気がする。先生役の人は中途半端に標準語だし。また、主人公の男の子は陸上部なのにぜんぜん日焼けしていない。そういうリアリティのなさが積み重なっていく。 ストーリーも…。。。ストーリーのためだけに人の命を左右するなといいたい。監督は、河瀬直美の映画や天然コケッコーを見て、「地方を描くとはどういうことか」、「映画とは何か」についてもう一度考えてみてはどうだろうか。

  • シロッコ

    5.0

    何度観てもいい・・・究極の癒し映画

    昨日、島根県民会館で行われた、「雲南市 市制施行10周年記念 錦織良成監督作品 映画「うん、何?」上映会」で鑑賞しました。予想外の満員状態でした。私自身、大スクリーンでの鑑賞はこれで5回目くらいです。 結論から言えば、何度みてもいいです、この映画。癒されます。 全編島根県の雲南市ロケで撮られたこの作品、知る人ぞ知る錦織良成監督の島根3部作の一つです。2008年の公開時、山陰地区と、東京、岐阜、広島、岡山程度の小規模公開でしたので、映画の知名度は高くありません。しかし、本当に気持ちよい気分に浸れる映画です。(ちなみに、3部作の「白い船」「RAILWAYS」も素晴らしいです。ついでに、隠岐の古典相撲を題材にした「渾身」これもいいです。) 錦織監督作品は、何気ない日常が淡々と描かれるだけなんですが、魅せられちゃうんですね、これが・・・ また、日本の原風景ともいうべき島根の自然・風景、素朴な人間関係、受け継がれる伝統などが、映画の全編にちりばめられています。 そして、何といっても、劇中に挿入される松江市在住の浜田真理子さんの音楽&歌が素晴らしい。これは、特筆ものです。映画観賞後の舞台挨拶でも話がありましたが、映画を観ながらピアノを弾いて曲をつけれらたとか・・・ また、挿入歌「風の音」は、歌にあわせてシーンを監督が考えられてつくられたとか・・・ 浜田さんの歌声は、まるで劇場内を爽やかな風が吹き渡るような感じです。 正直、素人同然の出演者もちらほら見受けられますが、それを補って余りある映画となっていると思います。 DVDも発売されているようなので、興味ある方は是非どうぞ。 でも、大スクリーンで観ないとこの映画の良さは伝わらないかも? ちなみに、映画を絶賛している私は、島根県人ではありません。あしからず。

  • tar********

    2.0

    意味不明

    橋爪遼君が気にっていたし前から見たいと思って見ました。けど何を伝えたいのかわからないし、特に松澤君のお兄さんのシーンは?って感じでした。純粋な映画なら『渚のシンドバッド』をオススメします。普通の恋愛とはちょっと違う感覚で好きになれます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
うん、何?

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル