ラストタイム 欲望が果てるとき
3.8

/ 25

16%
48%
32%
4%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • min********

    5.0

    面白かった

    久しぶりに面白い映画観たなって感じ。 やたら評価の高い映画ばかり借りてたんだけど、うっかりレビュー読んじゃうと、タイトルや1行目にネタバレ含んじゃってたり、「どんでん返し」なんて1番のネタバレワードが入ってたり。 これってミステリーやサスペンス映画には絶対あってはいけないことだと思うんだけど、なぜか目立ちますね。 その点この映画は何気なく手に取った物を借りたので、なんの知識もないしレビューも読まずに観たんですよね。 そしたら、すごく楽しめました。笑えるって意味ではなく、ストーリーが良かった。 おすすめです。

  • kuro_icf

    5.0

    ダマサレマシタ

    ここでの高評価のレビューを見た直後に近くのレンタル店で偶然目に止まったのでなんとなく借りたのですが、これが本当に仰る通りかなり良かったです。 脚本と演出が秀逸で、今年一番じゃないかなと思うぐらい映画にのめり込んでしまいました。 ジェイミー(B・フレイザー)はオハイオ州の企業でトップのセールスマンで、婚約者と一緒にニューヨークの企業に転職してきます。この期待の新人を指導することになったのが他人には決して弱みを見せない冷酷なトップセールスマンのテッド(M・キートン)。 しかし業績不振のジェイミーに落胆し始めた婚約者とテッドが出来てしまったことから起こるサスペンスです。 M・キートンの冷徹で嫌な奴の演技と、B・フレイザーが「ハムナプトラ」みたいなお人よしでちょっと間抜な男から徐々に精神的に病んでいく演技両方ともとても良かったです。 二人の競演が映画を盛り立てて行きます。 途中はジェイミーにかなり同情しながら観てました。 あと婚約者役の方もとても綺麗で良かったです。 ちょっと下唇を噛んで笑う感じが良かったかなと・・・変態か俺は? ラストは完全にダマサレマシタね! 全く予想してませんでした。いや、出来ませんでした。 B・フレイザーのあの人柄と演技があったからこそ、ラストのサプライズ感が生きたのだと思います。 ラストの音楽も印象に残る感じで好きです。 なんかあんまり世間に知られていないのが本当にもったいない気がします。 ちなみに、個人的にはテッド達の上司役の人が、「ホーム・アローン」でノッポの泥棒役をやっていた人で、「ホーム・アローン」同様チョコチョコ見せるコミカルな演技がツボでした。

  • yok********

    4.0

    埋もれた良作♪

    僕、こういうビジネス絡みのストーリーって好きなんですけど、 この作品は、思った以上に良く出来たストーリーでした。 でも、キャストが良いのに【埋もれた感】が漂ってますよねぇ。。。 タイトル通り、ラストにちょっとしたサプライズがありますよ。 あまり詳しくは書きませんが、色んな伏線があったなぁ~♪ しかも、イライラさせられたジェイミー(ブレンダン・フレイザー)の行動にも、 驚愕の伏線があったなんてぇ~!! なかなか面白いですよ! でも、あのエンディングは好きじゃないなぁ~。。。

  • byp********

    4.0

    めっけもの・・・

    ただし、映画の内容に触れたレビューは 見ないで鑑賞することをオススメします。 面白いです。掘り出し物系です。 見た後に確実に 心に深くはないけれど、細かい 傷を負ったような感覚が残ります。 面白いです。是非、是非!!!!!!

  • chu********

    4.0

    ごめんじゃすまないことがある

    【ネタばれ】厳禁なので わたしもネタには触れずに‥。 わたしのお気レビ のぶぶさんが「めっけもの」と お勧めしているのを読み マイケル・キートンが主演ということもあって 観てみました。 のぶぶさんが「心に細かい傷を負ったような感覚」と 書いておられる通り、まさにそういう作品です。 マイケル・キートンはクールなトップ営業マンで 営業成績の悪い同僚に「クソだ」「アホだ」と連呼し 徹底的にイヤな奴の役どころでした。 眉と眉の間のお肉が下に下がっていて人相的にはあまり 好みのタイプとは言い難いんだけども 彼が演じる人物にはいつもどこか魅かれるところが あります。 「The paper」という映画で大好きになった俳優さんです。 この映画でも最初はなんつぅイヤな奴なの!?と 思ったけれども徐々にテッドという人間の魅力が解ってきます。 余談ですが。。。 マイケル・キートンの早口でまくしたてる話し方が好きで 次から次へと悪態をつきまくるところはなかなか爽快。 彼の口から出てくると「F○CK」という言葉の発音すら 小気味よかった。 ブレンダン・フレイザーは「ハムナプトラ」で ドジな冒険野郎を堪能させてもらいましたが この映画では信じられないくらい太っていてビックリ。 キートンの有能さと対比させるための 役作りで太ったのかもしれないけど、それにしても‥。 全般として、サスペンス・タッチで話が進行し 結末はこうであろうと予想がつくもっていき方ですけど。 まぁそうはいかないところが良かったですし そうしないことで同傾向の他の作品と一線を画しています。 (わかりにくくてすみません) 「ごめん」じゃすまないことがある。 これは傷ついた一匹狼の男のお話です。 追)のぶぶさん、ありがとうございました。   レビュー勝手に引用しちゃってすみません。   

  • new********

    5.0

    ネタバレドリアン・グレイ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • neu********

    4.0

    もう一息

    久しぶりに切れの良いサスペンスを楽めた。 ただ、話しの骨格はとても良いのだけれども、 肉付けとなる演出にいささか物足りない所がある。 途中のメロドラマチックの場面はもう少しカットして、 ビジネス上のやり取りを前面に出して欲しかった。 ヘッドハンティングされたはずのジェイミーが、 なんであんなに能力がないのかはでてくるが、 いくらテッドが優秀といわれても、 それを示す場面が出てこない。 主人公たちの会社がどういう会社なのかも あまりはっきり分からないと、 話しの本筋である企業間の争いの現実味が薄れてしまう。

  • aav********

    4.0

    例えるなら、手の平の宝石

    この映画を、三角関係が巻き起こすサスペンスと聞いて、ドロドロの血みどろサスペンスを想像した人、 申し訳ない!この物語で人は一人も死にません。 そして、この映画を、三角関係が巻き起こすサスペンスと聞いて、ドロドロのエロサスペンスを想像した人、 正解!これが結構エロいんです(でも何気に愛を感じるエロです) 酔って寝てるダンナの横で・・・・・うわっ!そのシチュエーションだけでもう%$¥*@&#・・・・ しかもヒロインの『アンバー・ヴァレッタ』がまたキレイなんです。 『無血サスペンス』然り、 『氷の微笑』以来のエロサスペンス然り、 営業マンを主人公にしたストーリー然り、 この映画、自分にとってはかなり新鮮で楽しめました。 ~工口~工口~工口~工口~~これより先ネタバレ~~工口~工口~工口~工口~ ある一人の男がいる。彼の手の平には、長い月日をかけて一粒ずつ拾い集めた輝かしい宝石の山。 しかし彼は気付いていない。その宝石の中にたった一粒、 彼が遠い昔に失くしてしまったはずの夢と希望が埋もれていることに・・・ そしてもう一人、目の前に積まれた宝石の山を、自由にすくい取ることができる男がいる。 しかし彼は気付いていなかった。彼の手には、 宝石をすくい取る以前から、その宝石よりも美しくも脆いガラスの石があったことに・・・ この物語を、ラストの大どんでん返しで終わりだと思わないでほしい。 全てが終わった後の彼らの表情は、全てを手に入れた男の顔なのだろうか。 そして、全てを奪われ、どん底に落とされた男の顔なのだろうか。 男は全てを失った。 手の指と指の隙間から零れ落ちてゆく宝石の粒を、男はただただじっと見つめる。 全ての宝石が零れ落ちたとき、最後に手の平に残ったものは・・・ 男は一人歩く。その顔に映るのは、夢と希望の輝き。 男は全てを手に入れた。 目の前に積まれた宝石の山から、手当たり次第にすくい上げてゆく。 全てをすくい上げた後、男はふと思う。はじめに手にしていたはずの、美しくも脆いガラスの石の行方を・・・ 探しても見つけられないその男は、近くに落ちていた似た石を拾い、それを心の慰めにする。 その顔に映るのは、寂しさと虚しさと自らへの憤り。 男は全てを失ったことで、本当にするべきことを思い出し、 男は全てを手に入れたことで、すぐ近くにあった大切なものを失う。 それがこの映画の真のラストであり、真のどんでん返し。 そのラストのどんでん返しと、そのどんでん返しの中に含まれた真のどんでん返しは秀逸。 ただ、ホラーにゾンビを求めないのと同様に、サスペンスにエロを求めない自分としては、 所々でちょい引き気味。 この映画、決してお気に入り登録とまではいかない佳作です。

  • meg********

    3.0

    ラスト・タイムなのか

    一年半以上も前にDVDを購入して、勢いでお気に入りに登録してしまった作品で、 今までレビューも書けずにいた。 俳優さんたちの演技が悪いとか、脚本がいまいちとかではなくて、作品に入り込めない 自分がいる。 泣き崩れるアンバー・ヴァレッタに納得したわけでもない。 新天地に向かうマイケル・キートンに、ほっとしたわけでもない。 様の東西を問わず、このような騙しや裏切りは駄目であるという心がどこかにあるのかも しれない。 ラスト・タイム題名がよくなかった。 ジェイミー、君がビジネス界で成功したのはこれが最後だった。 二度と活躍はできなかった。 ベリーサ、あなたは再び恋愛はできなかった。これが最後だった。 地上であなたを見かけるのはこれが最後。 テッド、あなたは二度とビジネスマンにはならなかった。 あなたは教育界に戻ったのだから。 このようなレビューしか書けない自分が情けない。 題名を変えてほしい。 「 馬鹿な男の独り言 」 昔、ビジネスマンをしていたころ、こういうことがあった。 当時は、辛かったが、良い思い出でもある。 I saw her for the last time. 彼女とはそれが最後で、もう会うこともなかった。 可もなく不可もなく、それなりに楽しめた作品である。 ラスト・タイムのPart2を望む。 テッドとベリーサが結婚なんて映画が作られたら、必ず観たいね。

  • pni********

    4.0

    意外な結末、でもよかった

    もっとサスペンス色の強いものだと思ってたけど 意外な方に展開していって なーんも期待してなかっただけに面白かった ブレンダフレイザーの変わりっぷりにびっくり^^

1 ページ/1 ページ中