レビュー一覧に戻る
ラストタイム 欲望が果てるとき

meg********

3.0

ラスト・タイムなのか

一年半以上も前にDVDを購入して、勢いでお気に入りに登録してしまった作品で、 今までレビューも書けずにいた。 俳優さんたちの演技が悪いとか、脚本がいまいちとかではなくて、作品に入り込めない 自分がいる。 泣き崩れるアンバー・ヴァレッタに納得したわけでもない。 新天地に向かうマイケル・キートンに、ほっとしたわけでもない。 様の東西を問わず、このような騙しや裏切りは駄目であるという心がどこかにあるのかも しれない。 ラスト・タイム題名がよくなかった。 ジェイミー、君がビジネス界で成功したのはこれが最後だった。 二度と活躍はできなかった。 ベリーサ、あなたは再び恋愛はできなかった。これが最後だった。 地上であなたを見かけるのはこれが最後。 テッド、あなたは二度とビジネスマンにはならなかった。 あなたは教育界に戻ったのだから。 このようなレビューしか書けない自分が情けない。 題名を変えてほしい。 「 馬鹿な男の独り言 」 昔、ビジネスマンをしていたころ、こういうことがあった。 当時は、辛かったが、良い思い出でもある。 I saw her for the last time. 彼女とはそれが最後で、もう会うこともなかった。 可もなく不可もなく、それなりに楽しめた作品である。 ラスト・タイムのPart2を望む。 テッドとベリーサが結婚なんて映画が作られたら、必ず観たいね。

閲覧数867