2008年8月30日公開

コッポラの胡蝶の夢

YOUTH WITHOUT YOUTH

1242008年8月30日公開
コッポラの胡蝶の夢
3.4

/ 122

16%
30%
34%
16%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1930年代、人生の折り返し地点をとっくに過ぎた言語学者のドミニク(ティム・ロス)は、かつて愛した女性ラウラ(アレクサンドラ・マリア・ラーラ)を忘れられず、孤独な日々を送っていた。そんなある復活祭の晩、ドミニクは突然落雷に打たれ、病院に搬送される。その後目覚めた彼は、なぜか肉体も頭脳も若返っていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(49件)

不思議21.5%知的19.3%切ない17.0%ファンタジー10.4%ロマンチック6.7%

  • old********

    4.0

    (^.^)

    (^.^)

  • rec********

    4.0

    コッポラは時々、異常に若返る

    まだ2000年代に入る少し前に梅田の某劇場でゲイリー・オールドマン主演の『ドラキュラ』を観て、いきなりココか?コッポラ若いなあと感嘆しました。結構コッポラ好きでしたが『友よ、風に抱かれて』とか『ペギー・スーの結婚』とかでいささか呆れていたので余計に驚きました。 その時の感慨が久しぶりに沸き、またしても自分の中で成仏しかけていたコッポラが蘇った気がします。 まさか今になってドッペルゲンガーを出してくるとは・・・

  • wak********

    3.0

    ネタバレ幻想的

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kps********

    2.0

    ネタバレ実は純愛映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スーザン

    3.0

    幻想的過ぎて・・・。

    ティム・ロスの演技がとにかく良かった。 結局のところそんな印象しか残らなかった。 突拍子もない展開で始まり、解釈に困ったまま進んでゆく。 幻想映画か、はたまた哲学的なのか。 コッポラらしいのか、そうでないのか。 良くわからないままに終わってしまった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
コッポラの胡蝶の夢

原題
YOUTH WITHOUT YOUTH

上映時間

製作国
アメリカ/ドイツ/イタリア/フランス/ルーマニア

製作年度

公開日