レビュー一覧に戻る
コッポラの胡蝶の夢
2008年8月30日公開

コッポラの胡蝶の夢

YOUTH WITHOUT YOUTH

1242008年8月30日公開

じゃむとまるこ

4.0

夢、幻の如く

コッポラ監督、10年ぶりの新作、しかも全て監督の私財で制作された映画らしいですが、このレビューの少なさは、難解という理由にあるのでしょうか。 そうであれば非常にもったいない。 確かにお話はわかりにくい、ファンタジーとも言えるし、SF的な要素もあり、荒唐無稽とも言える内容の上に、ストーリーを追っているだけでは、まとまりが悪く、いったい何を言いたいのか・・・・つまり難解という結論になるのでしょうが、ラストまで観ていただければわかる、深い内容を持った静かな感動作です。 人生に絶望した老言語学者ドミニクは、自殺をしようと出かけたところ雷に打たれ病院へ運ばれる、そこで奇跡的なな回復というか、SF的というか、壮年の若さと、驚異的な記憶力、そしてもう一人の自分”分身”を手に入れる、かつての恋人とそっくりな女性と出逢い恋に落ち言語学者として再びの人生をくり返す・・・・と言ったようなお話ですが、どのエピソードにも中途半端、結論はありません、何故か? それには理由があり、その理由も映画の余韻の後では、納得のいくものなのです。 胡蝶の夢・・・荘子の説話「荘周が夢を見て蝶になり、蝶として大いに楽しんだ所、夢が覚める。果たして荘周が夢を見て蝶になったのか、あるいは蝶が夢を見て荘周になっているのか」 映画ラスト近く、ドミニクが”胡蝶の夢”についてかつての友人達に語りますが、この映画のストーリーそのものが、そうなのか?、そしてそれに続くラストシーンは深い余韻を残します。 エンドクレジットはありません、それもいいです。 大変美しい映画です。

閲覧数526